フィアット:2027年までの将来の全モデル

モダンフィアット

2023年は フィアットを発表した。 ニュー600トポリーノ7月4日、トリノのリンゴットで正式に発表された。そしてこれは、今後数年間に予定されている一連の新製品の始まりにすぎない。 2027年まで、毎年少なくとも1つの新モデルが登場する。 公式発表と噂の狭間で、フィアットシリーズの未来はどうなるのか。

2024年:新型フィアット・パンダの登場

新型フィアット・パンダは2024年にショーのオープニングを飾る。 7月に予定されているこのモデルは、フィアットブランドにとって象徴的な日である創立125周年と重なる。スマートカーのプラットフォームをベースとし 最近のシトロエンe-C3へこの4メートルの小型SUVは、フィアット初の低価格電気自動車となる予定だ。航続距離は320km、価格は約23,000ユーロからで、その後、航続距離200kmの手頃な電気自動車バージョンと、約14,000ユーロからのハイブリッド・バージョンが発売される予定だ。

広告

2025年:新型SUVの発売

2025年、BセグメントとCセグメントの中間に位置するSUVが発売されるサイズは4.3メートル強。モロッコのケニトラで生産が予定されているこのクルマは、新型フィアット・パンダと密接に関連し、フィアットの新しいモデルファミリーを生み出す可能性がある。その名前はまだ確定していないが、これまで 新型フィアット・ムルティプラ(仮称 新型シトロエンC3エアクロスと共通の特徴を持ち、7人乗りバージョンも含まれる可能性がある。

2026年:サプライズもあり得る転換の年

2026年は、次のような転換期となる可能性がある。 トルコのTipoとイタリアの500Xの生産終了。 しかし、憶測によれば、フィアットは、500Xの大型版でフィアット・レンジの最上位に位置する、フィアット500XLと呼ばれる可能性のある、より大型のモデルを発表して驚かせる可能性があるという。

広告

2027年:新世代の電気自動車フィアット500

2027年は面白い年になりそうだ 新世代の電気自動車フィアット500の発表が予定されている。現在もミラフィオーリで生産されているこの未来の500は、おそらくSTLAスモールプラットフォームをベースに、さらに効率的で、技術的で、自律的なものになると約束されている。デザインについてはまだ何とも言えないが、現行モデルの革命というよりは進化が期待される。

コメント

返信を残す
  1. フィアット・ヘリテージが、ロベルト・ゴリートの直筆サイン入りのフィアット・ムルティプラを販売しているのは偶然ではありません🙂 ウェブサイトでは、美しい当時の画像や、フィアットの真の救世主である伝説のデザイナーとのインタビュービデオを見ることができます。

      • もちろん、2004年にフィアット・トレピウーノのコンセプトを生み出したのはロベルト・ゴリートであり、それが市販モデル、フィアット500へと姿を変え、発表から4ヶ月で75,000台の予約を獲得し、2008年にはカー・オブ・ザ・イヤー、2009年にはWCOTYを受賞し、以来、世界90カ国で300万台近くが販売された。

        • 500とそのファミリーが登場したとき、フィアット・グループはもはや財政的な問題を抱えていなかったし、GMが合意された協定を尊重しなかったという事実に従って勝訴した。

      • Cómo hace falta Marccionne por qué en Latinoamérica en Brasil específicamente existen ya dos suvs que se ha vendido muy bien en toda latinoamérica demasiado retraso para Europa deberían sacar para el 2024 ya varios suv s muy sospechoso esa alianza con
        PSA

  2. そうでなければ、フィアット600をSUVと呼ぶことを拒否したことで、ジュネーブで発表されたチェントヴェンティ・コンセプトのような、本物のフィアット・パンダが登場することを期待したい。シトロエン・バージョンよりも車高を低くすることで、ダチアの「偽SUV/貧乏車」症候群を回避しつつ、より高い効率性(したがって航続距離の拡大)を実現し、価格も非常に手頃に抑えられるだろう。

    • ただし、彼女がオフロード走破能力をまだ持っているかどうかは見なければならない......そして、私はそれをあまり信用していない。

      • 確かなのは、SUVをデザインするときには、技術的な仕様、つまり全輪駆動、豊富なトルク、牽引能力などがついてくるようにしたほうがいいということだ。ボディワークとその下の性能だけがついてこないのは、馬鹿げていると思う。シティカーを作るときは、室内空間と燃費を最適化するものだが、C3はそれができていない。フィアットは大胆で、3気筒エンジンを隠した巨大なグリルを持つ偽SUVは意味がないことを誰よりも早く理解していたのだろう。600を「拡張型シティカー」として発表したことは、私たちに希望を与えてくれる......。

        • 先祖のようにどこにでも登ることができる現行モデルのパンダに対して何ができるのか見てみなければならないが、私は重大な疑問を持っている。もしそうでなければ、販売は文字通り急落し、ジムニーは、4人乗りのユーティリティ・バージョン(政府のマルスの対象から逃れることができる)とエタノールで走るように適合させたもので、どこでも地位を確立し、その遅れを取り続けるだろう。

  3. ハイブリッドモデルがあるとしても、これは新型車の良いプログラムである。パンダは、小型で経済的な車の市場が好調なイタリアでは、いまだに大ヒットしている。
    新型プントは見当たらない。
    ムルティプラは異彩を放つというメリットがあったが、同時に市場で最も醜いクルマのひとつでもあった。しかし、それ以来、ビッグブランドはもっとひどいことをしている。

    • ムルティプラは6人乗りで、燃費が非常によく、ロードホールディングはこのセグメントでは他の追随を許さない。

      • Aクラスはメルセデス史上最悪の、まさに4輪の糞車だろう。
        ムルティプラにはオリジナリティというメリットがあったが、それでも少し特別だった。

        • 当時はバイオデザインの勝利の時代であり、フィアットにはゴリートに倣い、形を機能に従属させる勇気があった。初代パンダのように、子供や街乗りに理想的な大きな窓を持ち、非常に優れたシャシーを持つ、まさに建築家のための車だ。結局、このクルマはよく売れたし、このクルマを選んだ人たちはこのクルマを高く評価した。

          • 新型シーニックにはモジュール性がまったくなく、リアシート(というよりベンチ)を取り外すことも、スライドさせることもできない。フィアットは、将来のムルティプラにこれらの機能を盛り込むと同時に、ボンネットの長さを制限して車内スペースを最大化することをお勧めする。

    • スタニラス

      パンダは今でもフランスの山岳地帯で大ヒットしており、いたるところで見かけることができる(オート・サヴォア、特にサヴォアとジュラ)。 フィアットを含む他のすべてのブランドと比べて、最もよく見かける車だ。なぜなら、4WDバージョンではどこまでも登っていくので、ジムニーやGクラス、ランドでないと太刀打ちできないからだ。

    • スタニスラス
      醜いということについて私は知らない。車の世界では、それを非典型的とか独創的と呼ぶが、実際、醜い車などこの世に存在しないからだ。

      フレド
      同じコンセプトで作られたホンダ・ジャズを忘れがちだが、ムルティプラにはない地球外のような信頼性を持ち、ロードホールディングも同じように効果的だった。

  4. FRVは同じ3×2レイアウトをベースにしていたが、販売台数ははるかに少なかった......そして実際、ムルティプラは機械的な信頼性が非常に高く、たとえ乗員室のプラスチックの品質や組み立てが平均的であったとしても、大きな作業を必要とすることはほとんどなかった。定期的なメンテナンスで100万キロを走れるような...。

    • フレド
      私が今マルチプラについて言ったのはまさにそのことだ。それは6人乗りのジャズで、特にホンダのイメージがトヨタやマツダと同じであるアメリカではよく売れたし、今も売れ続けている。
      ムルティプラはテシスのようなもので、よく文句を言う低血圧患者だが、道路で立ち往生することはない。

  5. ブラボー、フィアット。あなたのパンダはピレネーのスターです!あなたの革新的なデザインで、もう一度私たちを驚かせてください!魂を持ち続けてください!ありがとうございます!

    • フィアット・パンダが偉大で、かけがえのないクルマであったのと同様に、私はこれがそうであることを恐れている。

  6. Aクラスが大失敗だったのは、メルセデスが莫大な費用を投じて改良を施したにもかかわらず、そのハンドリング、悲惨な信頼性(エンジンはオーバーホールなしで10万キロも持つことはほとんどなく、ギアボックスは壊れるのを覚悟で2万5千キロごとに交換しなければならない恐怖の代物だった)、そして解決されることのなかった電子制御のバグが原因で、メルセデスの財政は枯渇し、Aクラスの製造にメガーヌのプラットフォームを使うことを好んだからだ。フォーフォーにしても、コルトをベースに三菱に設計を依頼した。スマートは他のすべてのモデルで信頼性に問題があり、私はその代償をレンタカー会社で支払った(エンジンとターボが壊れずに5万キロを超えられず、車両本体価格以上のコストがかかり、10万キロでスクラップの山行きだった)。これはメルセデスにとっても大きな財務的損失だった。

  7. スマート・フォーツーはクルマというよりバギーに近い。フィッシャープライスの内装は、おもちゃブランドから拝借したものだ。
    スマート・ロードスターは運転が楽しいと聞いているが、信頼性に関してはうるさいことを言う必要はない。
    未来のフィアット・パンダを楽しみに待つことにしよう。

    • シトロエンの実力を見ればわかるだろう。フォーフールは小型車とは似ても似つかぬ、コルトを装ったような車だった。

    • 私は、ボルボEX30と同じコンセプトのスマート#1を考えていた。 これは4.30mの電気自動車で、競争相手としては並大抵のことではないのだが...。

  8. 皆さん、こんにちは。少なくとも私たちが言えることは、皆さんがこのブランドに情熱を注いでいるということ、そして私たちが皆さんを読んで多くのことを学ばせていただいているということです。ティポ・クロスを借りた後、モノスペースのような、でもSUVではない新しい "multipla"、4気筒内燃エンジン(可能であれば)のクロスオーバー、5、6、7人乗り(ダチア・ジョガーのような、でも120馬力のエンジン)のシートおよび/またはスライドベンチ、600dm3のトランクが目に浮かびます。私はイタリア車に対して無遠慮な見方をしていたが、あるフランス車の挫折を目の当たりにすると、事実に基づかなければならない。皆さん、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です