フィアット:2023年初頭に2つの新商品を発表!

コリエレ・デラ・セラのインタビューで、カルロス・タバレスは。 ステランティス・グループのCEO と元PSA氏が明かしたことは、私たちにとって大きな喜びでした。 2023年初頭、1台ではなく2台のフィアット車が公開される!

フィアット:限られたレンジと新しい製品の必要性

フィアットシリーズには、それが必要だと言わざるを得ません。実際、ヨーロッパで売れているらしい500eを除けば、高山地帯のメーカーの車種は、老朽化したパンダ(10年以上前!)と500X(8年前、つまり通常の自動車サイクルでは寿命が尽きた)だけになってしまったのである。500サーマルは、2015年にアップデートとリスタイリングが行われたものの、設計から15年を迎えました。最後に、ティーポはクロス-5ドアかSWバージョンしか存在せず、成功したスマートな最初の価格から遠ざかる価格帯に......。

そのため ターニーズファームが急務である。 !2023年末に発売されることはすでに予見されていた。 ニューB-SUV (もう一枚、と言われるかもしれませんね!)。 プジョー2008プラットフォームをベースとする 2023年初頭にはJeep B-SUV、2024年には将来のAlfa Romeo B-SUV(一部ではBrenneroと呼ばれているが、確証はない...)が誕生する予定だそうだ。

この新機種はどうなるのでしょうか。

そして、嬉しいことに、カルロス・タバレスは、1モデルだけでなく、2モデルも発表することを明らかにしました(ただし、必ずしも販売するわけではありません...)。 2023年初頭、あと数カ月で.そろそろかな~と。プレゼンテーションを担当するのは、フィアットのディレクター、オリビエ・フランソワだと、カルロス・タバレスは語る。

両モデルともBセグメントとなると、グループの大ボスが言う。明らかに、もし B-SUVは90%で確実と思われる。もう1つのモデルは何でしょうか?

ということが必然的に頭に浮かびます。 ニューパンダ (そう呼ばれるようになるのか?)となる可能性があります。 大成功を収めたCentoventiのコンセプトにインスパイアされる2019年3月にジュネーブで発表された。新しい世代のために確かに成長すべきであり 長さ4mまでであり、セグメントBである。そして 100%電気式、たぶん。

この2台は、フィアットの販売とイメージアップに大きく貢献すると思われ、トランスアルピナブランドは、オリビエ・フランソワの言葉を借りれば、次のような存在になろうとしている。 「テスラ・オブ・ザ・ピープル極めつけ 低価格の電気自動車で新技術を身近に.

また、Carlos Tavaresは次のように発表しています。 ウノ」「パンダ」「プント」など、ブランドの神話的な歴史に登場する名前が、この機会に再利用されるかもしれませんね。あなたの賭けは何ですか?

23 コメント

返信を残す
  1. アルファのSUVでよく出てくる名前に「パレード」があります。
    フィアットにとって、それが不可欠であることは理解できます(あなたがとてもよく引用するように、レンジへの快適なアクセスであり、そこにフィアットが自分の足を撃ったTipoで後戻りすることが不可欠であったように)。
    アルファとジープに...。ノーコメント!

  2. パンダ」にコインを乗せました、白にすれば完璧です(プレスの失敗イラストのようにならないように、16インチホイールのセントベンティコンセプトのように見えるようにロウソクを乗せます)・・・。

  3. 一方、MG5 SWは英国で76%の販売増とヒットしていますが、なぜ電気自動車のTipo SWがないのでしょうか?

    • 全く同感で、なぜエタノールに切り替えずにベーシックなTipoを止めたのでしょう。

  4. フィアットはフルレンジか、少なくともcセグメント(ゴルフ、メガーヌ)と同等のSUV(キャプチャー)までは必要です。このセグメントに侵入するキアやフンデイ(今はかなり)を見るのはうんざりです。

    • ただし、フィアットは信頼性という点では、ティーポと同じような製品を持っていました。しかし、最近の124のように、フィアットはいいものを作ると、それを残してしまうのが常である。
      ヒュンダイとキアは、信頼性第一、デザイン第二で(当然ながら)名声を築いてきました。
      500系のフィアットは信頼性を重視してアジアのコンセプトを真似た(結果、何年経ってもヒットしている)ので、キメラで見せかけのドイツモデルのことは忘れるべきだろう。
      現代自動車やKIAの真似をして、ヨーロッパでナンバーワンの地位を取り戻すのだ。

      • そして、「知的な安っぽさ」を作ること。PSAグループと電気モーターやバッテリーの研究開発を共同で行うことで、フィアットは最も得意とする、実用的で陽気でよくできた車に集中することができるのです。プジョーの「フィット・スーツ」、つまり後ろから乗り降りしようとするとルーフやピラーのない窓にぶつかるような動きのないクーペ・エステートの妄想や、シトロエンの型破りなモデルは置いておくとして、「フィット・スーツ」はどうだろうか。VWは発泡プラスチックの王者であるはずなので、目に見えるリサイクル素材を使う余裕があり、断熱発泡材の量を抑えて軽量化しながら車内空間を拡張し、さらに「控えめ」なリムと130馬力のエンジンを選んで効率性を高めているのだ。シンプル」なLEDヘッドライト、近づいても開かず、操作されるのを賢く待つ「シンプル」なドアハンドル、「シンプル」なレベル2の自律走行、その正しい操作に注力するなど、クッション性の高い信頼できる要素も同様です。

    • スイスが言うように、フィアットにはTipoと500Xがあります。今回ばかりは、常に車輪の再発明を試みるのではなく、これらのモデルを更新することで、獲得した大衆を維持するための継続性を示すことができないだろうか。4.40m の Tipo 3 は、EMP-2 プラットフォームに 60kWh のバッテリーパック、つまり来年にはライトハイブリッドも登場するらしい E-Doblò のバッテリーパックで作られるかもしれない... e500X に関しては、上記の記事によれば軌道に乗り、Melfi でなくポーランドで生産するのだろうか。それとも戦線を維持し、テルモリに集結した砲兵を迎え撃つのでしょうか?何しろ車で2時間ですから...。

      • リサイクル素材は最上位機種にも存在し、それがフィスカーのカルマを素晴らしいクルマにしたのです。500Xに関しては、レネゲードのプラットフォームに留まることを妨げるものはないが、500ファミリーは、アバルトはパフォーマンスカー、フィアットはオフロードカーと、2つのファミリーに分けられる可能性がある。124はアルファ4Cのように消えることなく、当初からの計画通りアバルトのフラッグシップとして移行すべきだったが、フィアットにあったようにFCAには「鼻先より先は見えない」症候群があり、アフターサービスに有能な人材を確保することが何よりも重要だ(それが彼らの絶対かつ致命的な黒点⚫️、地に足がついているのだ)。
        フレドさんが上手に引用されているように、プジョーやシトロエンはブランド全般で非常に分かりにくく見づらいハイサイドなデザインでどんな狂気に乗り出したのでしょう(それと電気自動車の間に、私が次に買うのは2馬力の車🐎と買い物や通勤のためのキャリーです)。顧客を疑っているのだろうかと思わせる、そんなことはないはずだ...それとも、同じ地球上に住んでいないのか。
        時間が経てば経つほど、PSAとの結婚が失敗に終わるのではと思うようになりました😖。

      • とにかく、新型パンダ・ファミリーは、今おっしゃったような精神(フィアットのトレードマークであるチープ・スマート)になるのですから、そろそろ500ファミリーを、ミニの対抗ブランドであるアバルトに移行させるべきでしょう。フィアットは、124と4Cバージョンのアバルトのように、アバルトは本当に不足しているときに、これ以上この種の製品を前面に出す必要はありません。
        多くの人にとって、500はアバルトであり、それ以外の何ものでもありません。
        フィアットは私たちにパンダ・アバルトを約束し(2003年から)、潜在顧客がそこにいる間にそれを逆手にとって、しっかりと確認したのです(ジュネーブでの熱狂ぶりを見てください)。500Xでも同じことをしました。124を外したのです(スコーピオンではもっと売れた)。
        ステランティスは失敗だったと思います。この2つのグループは、ルノーのようにアジアのグループと結婚するべきだったのです。ただし、より安定的に。そうすれば、それぞれにとって参入しにくい市場が開けるからです。
        なぜなら、当時のヴェンチュリのイメージは、倒産した後も、「本物のエンジン」がないだけで、ポルシェやフェラーリと比較できるほどシャシーは何十年も先をいっており、製品同様に高いレベルにあったからだ。その証拠に唯一立ち向かったのがNSXと355です。他は全部ダメで超高速の355は万全の態勢で入れない。NSXと300アトランティックはおばあちゃんでも押せて250km/h以上で指を鼻に入れて走れる。
        フィアットとPSAが似ている点は1つあり、それは捕捉されていないミスの多さです。故障の数も、顧客に相談しなかったから(これはトヨタ、マツダ、レクサスも同じ)。
        相談に乗り、尊重されるお客様が成功するのです。このルールは有史以来存在し、あらゆる分野で適用されています。

        • 500Rivaも正統派です、私は500L(Luxe用、あーあ)を持っています、もちろんMPVではなく1968年のマイクロシタジンです、美しいクロームの口髭と素敵なブルーネイビーカラー、クリーム色の内装とマッチしたパイピング、マホガニーのギアノブ、人々は足を止めて写真を撮っています。そしてフィアットは、パンダのような天才的建築家のモジュラーモデルに次いで、美しく、シンプルでエレガントな、時代を超えたボディを作り続けなければならないのです。

    • 実はそうでもなくて、ライトやバンパーの処理が2010年のプジョーによく似ている...2005年のクロマのグリルが少しあるにせよ(リスタイリング版の方が私の好みとしては格好良かったのですが)。そして、後部にはヘッドルームがないのですね。フィアットのセダンは、美しいだけでなく、家族連れでもゆったりと快適に過ごせることが大切です。SUVは空気抵抗が大きいため、電力効率が悪いことを私たちの大好きなメーカーが理解した瞬間、ファミリーエステートに移行することでしょう。専門店のボルボがプログラム的に脱落し、中国に興味を持つようになったことで市場が開けている。クロマという名前がふさわしいかどうかはわからないが、4.75m前後、幅1.80というアイデアはある。

      • 実際、最近のAuto Expressのジャン・フィリップ・インパラート氏のインタビューにあるように、アルファは前進しているようだ。「SUVはどうするんですか?セダンはどうですか?アルファロメオのDNAはセダンであり、アルファの特徴はスポーツであることを考えると、答えはSUVではないでしょう。それならアルファの電動100% SUVはないだろうし、それはそれでよいことだ。

  5. - ウナ・アンミラリア・フィアットとでも言いましょうか、このようなモデルに興味を持つ客層は誰なのでしょう。押し付けがましくないイタリアンファミリー?そうでないなら、きっとランチアやアルファが好ましいのだろう。

    • 504クーペはプロトタイプとして登場し、私たちもその後に続くものを手に入れることはできませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。