ランボルギーニ ウルス ペルフォルマンテ:より軽く、よりスポーティに

2018年の市場投入以来、ランボルギーニ・ウルスは2万台が生産されています。これは、イタリアン・ブランドの真のサクセス・ストーリーである ランボルギーニ このモデルだけで、ブランドの売上高の50 %以上を占めているからです。2021年だけでも5,000台以上のウルスが販売されています。

ランボルギーニは、毎年開催される権威ある自動車ショー「ペブルビーチ2022」で、SUVの新型車:「ペブルビーチ」を発表しました。 Urus パワフル、軽量、スポーティ.

パフォーマンス、極悪非道、上昇中

エンジン面では、4.0LツインターボV8が650psから666psにパワーアップしています。わざとらしい極悪非道な姿!トルクは850Nmで変更なし。

重量は46kg減りましたが、それでも2150kgの堂々としたSUVです。この軽量化は、カーボンファイバー製のルーフ、フロントバンパー、ボンネットを使用することで実現しています。また、アクラポヴィッチのチタン製エキゾーストシステムも軽量化に貢献しています。

これらの開発により、ウルスは0-100km/h加速3.3秒(ベースのウルスより0.3秒速い)、最高速度306km/hを達成しています。

これは小さな変化のように思えるかもしれませんが、新型ウルスは、特にポルシェやアストンマーティンに対して、性能ランキングのトップに返り咲きました(下の比較表をご覧ください)。

新しいラリードライビングモード

ウルスには、快適性のためのSTRADA、ダイナミズムのためのSPORT、過激なスポーツのためのCORSAが引き続き用意されており、ダート走行用にアンチロールとダンピングシステムを弄ってオーバーステアを増幅するRALLYモードが新たに導入されました。 

砂漠でのバカ騒ぎに最適です。

ランボルギーニ・ウルス・ペルフォルマンテの価格と納車について

ランボルギーニ・ウルス・ペルフォルマンテのベース価格は、欧州で218,487ユーロ(税抜)、米国で260,676ユーロ$(税抜)からとなっています。

すでにランボルギーニ・ウルス・ペルフォルマンテをご注文いただいた方には、2022年末までにお届けする予定です。

競争相手と向き合う

では、この新型ウルス・ペルフォルマンテによって、ランボルギーニは毎年5,000台の生産台数を維持できるのだろうか。

我々は、その間に、ここで既存の競争に対してランボルギーニウルスPerformanteは、将来のフェラーリSUVを待っている、表示されます

エンジン0 à 100Vmax価格
ランボルギーニ ウルス ペルフォルマンテ4.0L V8 666hp3.3秒306km/h220 000 €
ポルシェカイエンターボGT4.0L V8 640hp3.3秒300km/h210 000 €
アストンマーチン DBX7074.0L 707hp V83.3秒310km/h230 000 €
マセラティ・レヴァンテ・トロフェオ3.8L V8 580hp4.1秒302km/h171 000 €
ベントレー ベンタヤーガ スピードW12 6.0L 635hp3.9秒306km/h232 000 €

?

14 コメント

返信を残す
  1. ステランティスもそろそろレヴァンテをパワーアップさせるべきでしょう。 ギブリやクアトロポルテのように、発売前に「本当の」最終フェイスリフトをしてください。今、ランボルギーニ、ポルシェ、アストンはレヴァンテを後回しにし、チェロキーもそのリストに加えることができますから。TrofeoRのレンジも悪くないと思います。

    • 3.8L V8は、お金がかかりすぎる大改造をしない限り、ここまでしか出せないのではと思います。古いフェラーリのエンジンだ、他にカタログに載っているものは?最新のものは、ジープグランドワゴニアに510馬力を与える3.0L T6 GMEです、それはまだ十分ではありません、それはより多くの電力を持つために電気モーターを装着する必要がありますが、競争がなくてもやっている... 唯一の将来のフェラーリSUVは、競争することができます...

      • 666馬力、あるいは700馬力を超えるバージョンも珍しくはない。
        3.9の700馬力から800馬力の超限定シリーズ(500ex)は、お別れとして、この3つの古いモデルの公害問題の義務を回避することができます。
        これなら、電流線が消えても安定した値を維持し、あるいはすぐに表示することができるだろう。

      • 最新の直列6気筒は、そのキャリアの始まりであり、時間とともにその進化を見ることになるでしょう。

  2. 相変わらずの醜さと下品さは、アウディに買収されたから仕方ないと言わざるを得ません。マセラティの顧客がこのe-tronに興味を持つことは、まずないでしょう。少なくとも、イタリアの工場が稼動し続けるためには...。

    • ウルのお客さんはクレストを目当てに、商品を気にせずポルシェのように見せびらかすために買うので、客層が違うんです。

      • だから、2000馬力のエンジンを積んでも、マセラティから顧客を奪うことはできない。重量とパワーをどんどん増やしていくことは、社会的に受け入れられなくなっていくと思う。すでにSUVにはデフレートタイヤがあるじゃないか。

        • ジャガーとアストンのように、この2つのブランドは2つの異なるタイプのお客さまに接しているからです。
          ランボルギーニの顧客(本物)は、マクラーレンやフェラーリ、その他のエキゾチックなブランドの方に魅力を感じるでしょう。
          アストンやポルシェ、時にはレクサスによるマセラティのお客様。
          パワーを上げることが解決策ではなく、重量を減らすことで多くの問題が解消されることをメーカーが理解したとき...我々は皆、空飛ぶ円盤に乗ることになるのです
          みんな1000馬力以上出したがるが、それでは解決にならない。

          • では、なぜ700〜800馬力のエンジンを求めるのか。一般的なインフレに何のプラスになるのか?マセラティは、そのライン、豪華で高級感のある仕上げ、そして比類ないエンジン音で選ばれているような気がしますが......。

          • フレドがマセラティ、ビザリーニ、アストンマーチン、ジャガー、ランチア、レクサスを選んだ理由は、大きく3つある。その豪華さと、特に技術的に優れているわけではない快適さ、そしてパワー(性能)とドライビングプレジャー(操作性)です。また、V6とV8フェラーリの最後のレースということで、すべての面で最大限の力を発揮できるような決勝にすることが、お別れを華々しくする方法だと思います。また、末端の価値を高め、車の価値を維持し、非常に素晴らしいマージンを稼ぎ、時間の経過とともに効率が悪くなった他の中古車モデルの価値を高めることができます。

          • 私も意見を言わせてもらえば、1つのブランドには複数の顧客が存在します。アルファ、アウディ、ポルシェ......ランボルギーニもそうでしたね。ランボルギーニのCEOは、ウルの顧客の80 %は新規顧客であり、彼らは最新のノベルティが好きな顧客であり、したがって、古いウルを新しいものに変えることができる、と述べた... ランボのオーダーブックは、2024年まで満杯です。

            ランボルギーニを所有している私の知人では、ガヤルドの方が多く、488のオーナーは一人だけで、488が多すぎるのでフラカンに乗り換えようと思っているそうです... レヴァンテについては、レヴァンテトロフェオに乗っている488オーナーも知っていますが...。

            要するに万人向けで、アストンマーチンやウルスのSUVのお客さんがレヴァンテトロフェオに目をつけるとは思えない...スポーティな高級SUV好きというより、イタリア車好き向けですな。数年後の後継モデルで確認する必要がありますが、例えば将来のフェラーリSUVと同等の機能とブランドイメージを持つ必要があるでしょう。

          • しかし、レヴァンテのお客様がDBXに乗られたり、その逆も多く見受けられます(DBXはとにかくほとんど売れません)。それこそ、ランボルギーニのお客さんは、フェラーリやマクラーレンなどの方に目が行くでしょう。SUVのお客様は、従来のピュアなお客様とはすでに異なり、シャツのようにSUVを買い替え、商品に愛着を持つのではなく、エンブレムに愛着を持ち、選択基準も同じではありません。
            私はより頻繁に所有者 berlinette フェラーリ、マクラーレンと他のエキゾチックな鳥 (ファルコン F7 またはコルベット C8 のような) 運転 Stelvio、ときレヴァンテ カイエン、DBX または彼らのマシンで妥協力、ロード保持と軽さを求めるため、それはそのためのグレカール戻る頻繁に彼らの口でマカンとステルヴィオは三角石であるようなです。カイエン、レヴァンテ、DBX、よりブルジョワの顧客によって価格設定され、多くは優先順位であるより豪華なインテリアを持つためにポルシェを残しています。
            例えばギブリの顧客は、ジャガー、アウディ、メルセデスの元顧客で、どこでも見かけるし、何より永久に直らないことに辟易していたからだ。
            ランボルギーニは、ウルスと、アヴェンタドールの寿命が尽き、最後のV12車ということで皆が買い急いでいるおかげで、オーダーブックが満杯になっているのです。
            マセラティでの新規顧客は、レヴァンテのオーナーはこれまでマセラティを買ったことがなかったので、そればかりか、アウディやポルシェのオーナーも多く、URUSではランボルギーニでフェラーリモデルを待っている顧客も少なくない。ランボルギーニやフェラーリはイタリアの、ロータスやアリエルはイギリスの、マセラティやアストンマーティン、ポルシェやジャガーはSUVの愛好家ではなく、製品に愛着を持たず、同じ要素(シャーシ)を持つ「BATARDS」製品でドライブしても気にならない。
            プラットフォームと機械部品は隣人と)。
            イメージについては、マセラティは、アストンマーティンやポルシェ (唯一のライバル) やジャガーに羨望する何もないし、我々 はアストン喜びもジャガー (これはアストン、マセラティのレベルに行くしたい) で、ポルシェになるより多くの製品 URUS などアウディのクローンなので近所のイメージのための図面とポルシェ (その Taycan) で不滅される彼らのいわゆるカートンに戻るだろうことを言うことができます私たちはほとんどどこにも見えず、それは箱であり、彼らの電気的な未来は、すべてのバラを発表することからほど遠いものです。ウルスに関しては、走行距離が非常に少なく、1~2年しか残っていない中古車が売られていることを考えると、交換しなければならない、長くは持たないという人が多いのではないでしょうか。要するに、お客さまは興味はあっても手元に残さないということです。

          • イメージ的には、URUSはアウディとほぼ全ての部品を共有しているため、超高級車ではほとんどイメージがなく、多くの顧客が高いお金を払うことを受け入れず(それは当然なのですが)、安いポルシェを買いたがるのです。要するに、技術的な面ではランボルギーニがイマイチで、フェラーリは部品が隣家にないから、狂ったようにお客を奪っていく。
            ガヤルドは最初の小型ランボとして大ヒット(ただし信頼性の問題が多すぎる)したが、ヒュラカンはほとんど見かけず(8年間でわずか2台)、自分のエンジンがアウディにあることがわからずに困っている人も多いようだ。その顧客は、中古でポルシェやランボルギーニを多く販売しているマクラーレンに流れてしまった。

          • マセラティがダメなのは仕上げであって、他はアルファと共通だし、イメージ的にはVAGをベースにするよりも格上なのだから!
            イメージとしては、ポルシェやランボルギーニが大きな打撃を受けており、多くのお客様にとってエクスクルーシブなイメージはもはや存在しないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。