マセラティProject24:本当のMC20は?

から約2年。 MC20, マセラティ が公開されました。 新しいサーキットカー「Project24.

この マセラティプロジェクト24イタリアでじっくりと開発された、サーキットのためのクルマです。 マセラティMC20をベースとした.

このProject24は、MC20と比較して、200kgの軽量化と100馬力のパワーアップを実現しています。それは 740馬力の場合、1250kg.

体重増加 は、特定の天然繊維部品を使用した全く新しいカーボンファイバーボディ、超軽量のカーボンファイバー製センターモノコック、レキサン製フロントウィンドウとサイドウィンドウ、カスタム18″鍛造アルミニウムホイール、そして唯一のドライバーズシートによって達成されています。

電源用Nettuno V6エンジンは、新型ターボチャージャーを搭載し、740psまでパワーアップしています。冷却系にもかなりの手を入れています。トランスミッションは8速オートマチックから6速シーケンシャルギアボックスに変更されました。

しかも、見てみると、もうMC20には見えないんですよね。チェントロ・スティレ・マセラティがデザインしたProject24は、まったく新しい外観を持っています。

このマセラティ・プロジェクト24は 生産台数わずか62台.ロードリーガルではないので、このProject24はツーリングにのみ使用される予定です。 値段は?900,000ユーロ強.

結局、MC20という名前は、FIA GT選手権に参加するために約50台が生産されたスーパーカー、MC12へのオマージュだと知ると、マセラティMC20はマセラティ・ボーラ、このマセラティ・プロジェクト24はMC20と呼ばれてもよかったのではないかと思うのだ。

つまり、早く実物を見てみたいのです。

9 コメント

返信を残す
  1. マセラティには欠かせない部品です。
    あとは、シェ・アルファの小型化だけです。
    ああ、ステランティスがDSを処分して、すべての製品をシトロエンに移行し、シトロエン、クライスラー、ジープ、ランチア、マセラティをルクソ・スポーツ・アライアンスに残すことができればいいのだが。アルファ、アバルト(500ファミリーをすべて含む)、ダッジ・ラムはピュアスポーツのアライアンスに残し、後者にグループのエンジンを担当させる。フィアット、プジョー、オペルの3社は、それぞれのアライアンス間でもプラットフォームを共有すればよく、白紙に戻してしっかりした組織を作ることができます。
    フィアット

    • リモデルされた電動MC20は、巨大なヘッドライトやダッシュボードの丸いダイヤル(なぜ「打ち込み」ではないのか)、アルファロメオのバッジなど、より丸みを帯びて、(少し)高級感を抑えつつもゆとりを持たせることができそうな予感がします。これは、ブランドが掲げるグランドツーリングの位置づけによく合致しています。ステランティスがDSを駆逐することはないでしょう。イタリアのブランドは、より良い車、より美しい車、より良く考えられた車をデザインすることにかかっているのです。ところで、「Centoventi/Panda」はまだか...。

  2. アルファを再び大量生産することは、そのDNAを否定することになる。なぜなら、イタリア政府がアルファを格下げしようとしたとき、フィアットはその代償として💰(ランチアとフェラーリに関しては)3ブランドの買収よりかなり前に、その時間を費やしたのだから。
    FCAはアルファを軌道に乗せたので、ステランティスが戻るためなら、ジュリアやステルヴィオの顧客が再び「ELECTRIC TRACTION」を契約して競合に直行するか、その2モデルにできるだけ長くとどまるとは思えません。
    コベンティは2024年予定でそれは変わっていないどころか確定さえしている、間違いはパンダ🐼の名前がプント(ゴミ)と呼ぶために俎上に上がっていることだ。
    フェラーリやマクラーレン、マセラティ、パガーニなどのようなスポーツプログラムを求めているお客様は、「電気式」のスポーツプログラムを持つことにこだわらず、MC20ベースの小さい33でも、そう、何の問題もなく、「フェラーリの流れをくむTHERMALまたはハイブリッドスポーツプログラム」で契約してくれるでしょう。
    このようなお客様を日常的に輸送するためには、内燃機関への愛着が強く、新しい燃料の開発を待ち望んでいるわけで、当然といえば当然なのですが。

    • スポーティな顧客は、ブランドの要求通りに、その手段の範囲内で行動する。新しいユーロ基準では、燃焼モデルの公害を一掃することは不可能である。だから、気にしないでください。他のメーカーも同じように対応するでしょうから、選択の余地もないでしょう。重要なことは、重量制限(約1.5、1.6トン)を超えないこと、正しい自律性を保つために最悪の場合半固体電池と少なくとも500馬力の大型ミルを搭載し、後輪駆動で安定したステアリング、良いドライビングポジションと噛み締めるようなブレーキがあることであろう。基本が守られていれば、特に競合が少ないので、うまくいくはずです。

      • 特にスポーツ番組では、選ぶのはブランドではなく、お客さんだということが分かっていないようですね。
        億万長者や大富豪のクラブは気にしない。だからこそ、マセラティはサーマル・プログラムを立ち上げたいと考えており、しかもフェラーリの修正案によって守られることになるのだ。
        このような超限定シリーズは、人口のごく一部にしか届かないため、マス・マーケットのような制約がなく、どのブランドもそれを理解しているからこそ、バイオ燃料に着手するところが増えているのです。

  3. アルファを再び大量生産することは、そのDNAを否定することになる。なぜなら、イタリア政府がアルファを格下げしようとしたとき、フィアットはその代償として💰(ランチアとフェラーリに関しては)3ブランドの買収よりかなり前に、その時間を費やしたのだから。
    FCAはアルファを軌道に乗せたので、ステランティスが戻るためなら、ジュリアやステルヴィオの顧客が再び「ELECTRIC TRACTION」を契約して競合に直行するか、その2モデルにできるだけ長くとどまるとは思えません。
    コベンティは2024年予定でそれは変わっていないどころか確定さえしている、間違いはパンダ🐼の名前がプント(ゴミ)と呼ぶために俎上に上がっていることだ。
    フェラーリやマクラーレン、マセラティ、パガーニなどのようなスポーツプログラムを求めているお客様は、「電気式」のスポーツプログラムを持つことにこだわらず、MC20ベースの小さい33でも、そう、何の問題もなく、「フェラーリの流れをくむTHERMALまたはハイブリッドスポーツプログラム」で契約してくれるでしょう。
    このようなお客様を日常的に輸送するためには、内燃機関への愛着が強く、新しい燃料の開発を待ち望んでいるわけで、当然といえば当然なのですが。

  4. なんて言ったらいいの!?
    何も、ブランドはとてもうまくいっているのだから、新型を登場させて、1年後にまた話をしようじゃないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。