マセラティ グラントゥーリズモ V6:全情報

電動グラントゥーリズモ・フォルゴレを発表した後 マセラティ を初めて公開します。 マセラティ グラントゥーリズモ ガソリンエンジン.

UPDATE:車の特徴を追加しました。

マセラティ グラントゥーリズモのガソリン車には、モデナ(写真)とトロフェオ(ギャラリー下)の2種類が用意され、電気自動車仕様もある。 マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴレ..

トロフェオ・バージョンでは、V8時代のMCストラダーレに似た、より筋肉質なボディキットが提供されると予想されています。

デザインは、いかにもマセラティ・グラントゥーリズモらしいプロポーションで、そのため旧型を忠実に再現しています。MC20やグレイルの流れを汲むフロントライトに新しさを感じます。リアはアルファロメオ・ジュリアのいとこを思わせる(よく見ると、やはり同じジョルジオのプラットフォームである)。

この新型マセラティ グラントゥーリズモに乗ると、先代の4.7L V8にはさよならを告げ、こんにちはと挨拶します。 3.0L V6 マセラティMC20から借用したもので、出力は500〜600bhpとなる。ちなみに、同じエンジンを搭載したマセラティ・グレカーレ・トロフェオは530psを発揮する。しかも、エンジンカバーの大きさを考えると、余裕で残っているはずです

マセラティ グラントゥーリズモ V6 の価格と特徴

新型マセラティ グラントゥーリズモの全長は4.96メートル、全幅は1.96メートル、全高は1.35メートルである。

今のところ、正式な価格は発表されていませんが、噂では175,000ユーロからと言われています。

マセラティ グラントゥーリズモ モデナマセラティ グラントゥーリズモ トロフェオマセラティ グラントゥーリズモ フォルゴレ
エンジン3.0L V6 Nettuno3.0L V6 Nettunoマセラティ フォルゴレ
パワー490馬力550馬力760馬力
カップル600Nm650Nm1350Nm
重量1795kg1795kg2260kg
0〜100km/h3.9秒3.5秒2.7秒
0〜200km/h13秒11.4秒8.8秒
最高速度302km/h320km/h320km/h
受賞歴???

グレカーレ、レヴァンテ、ギブリに搭載されている4気筒ハイブリッドエンジンはプログラムに含まれていません...おそらく1.8トンの車重に対して十分なパワーがないのでしょう。

マセラティ グラントゥーリズモ V6 対抗馬

エンジン0〜100km/h最高速度 重量受賞歴
マセラティ グラントゥーリズモ モデナV6 490hp 600Nm3.9秒302km/h1795kg?
マセラティ グラントゥーリズモ トロフェオV6 550hp 650Nm3.5秒320km/h1795kg?
アストンマーチン DB11V8 535hp 675Nm4秒309km/h1760kg200 000 €

マセラティ グラントゥーリズモ フォトギャラリー

詳細が判明次第、記事を更新します。

10 コメント

返信を残す
  1. 非常に成功した、ブラボーザトライデント。
    ゴルギオのプラットフォームは一流なんですね。新型マセラティに搭載されています。
    設計者であるアルファから消えてしまうのは残念なことです。
    また、アルファがジュリアに搭載されている330psのL4ハイブリッドを提供しないのも不思議なことである。

      • 無駄ではないが、いつも通り一貫性がない。超完成品を出しておいて、決して進化させない。
        なぜなら、ステルヴィオやジュリア、4Cで一度は成功したものの、いつものように、いったん市場に出ると、124や窓から消えたフルヴィア、デュエット、アバルトのミニスーパーカーのように、ジュリアベースの新しいGTVはもちろん、別のものに移行してしまうからだ。GTAやGTAmの発売が早すぎたという話でもない(GTACもないらしいし)。
        つまり、支離滅裂の極みなのです。
        ジュリアのハイブリッドを上記のように4気筒に実装しなかったのは、エステートカーを作らなかったのと同様、大きな間違いだった。

          • この種の製品でアルファを救ったのはむしろマルキオンネだが、彼の後任は製品を進化させなかった。特にクライスラーグループは(クライスラーは別として)自分たちのコーナー(ヨーロッパとは別の車文化)で進化するための助けを必要としなかったからだ。
            ジュリアとステルヴィオを徹底的にアップグレードして、将来のレヴァンテ後継車をベースにした上のモデル、あるいは新型グラントゥーリズモ・クーペをベースにした2+2クーペをリリースするより、トナーレと小型SUVに投資したほうが、私見では緊急度が低かったと思う。
            アルファは決してボリューム・ブランドではない(あらゆる問題を抱えた大量生産よりも、少量生産の方が品質も収益性も良い)、それは基本的なDNAにない。
            そのためにシトロエン、フィアット、プジョー、オペルなどがあるのです。

  2. マルキオンネは、レンジ、159、ブレラを止めて、破裂を起こさずにスムーズに進化させることができず、アルファを殺してしまったのではありません。
    目新しさの欠如、愚かな合理化の選択に泣かされたネットワークを整理し、構造化することができない。
    例えば、ブレラ全車に7万円のガラスルーフを付けてください !!!!パノラマルーフを希望しないお客様でも大丈夫! そうすると、このクーペは「アンヴィル」になってしまう。アルファに期待されるモデル:アジャイルを殺す経営の選択!結果、出口で車がダウングレード!

    • 彼女は、いくつかの正当な理由があって、途中で撃ち落とされたのだ。
      それだけでなく、1.75を除けば、159とブレラ・ファミリーには、何の価値もないエンジンだったのだ。この手のエンジンはランチアならOKだが、アルファは許しがたい。ENCLUMEだ、Tankにふさわしい本体の重さを見ると、これまた許しがたい大惨事だ。ハンドリングは最高とは言えず、ドライビングプレジャーも良くなく、4WD車である。要するに、マルキオンネが最初からテマ族を作るという企画を残しておかなかったのは失敗だったということだ。ブレラを見ると、コンセプト(当時乗らせてもらった)と比べて、デザインは美しくないし、横顔の違和感もある(イマイチ)、まったく使い物にならないリアサスペンションはもちろん、先代に見合わない剛性感とハンドリングを持つコンバーチブルも気になる。
      すでに156/166ファミリーは、2つの素晴らしいエンジンを持っていたという事実を別にすれば、残りの部分は良い車ではなかったので、それは牽引車であり、仕上げと組み立ては、155/164や政治、経済、社会、マフィアの問題でアルファを完全に破壊したイタリア国家の時代のように、すぐに追い込まれました(国家は、自動車メーカーの手綱を握るように作られていません)。
      要するに、75とジュリアの間には、ディーバのようなスポーツカーにオマージュを捧げるにふさわしいブッソを失ったことを除けば、夜中に起き出すようなことはないのである。
      つまり、マルキオンネが最も得意とするのは、ジュリア、ステルヴィオ、4C、そして124アバルトなのだ。ジュリアのシャーシにテマを作り、4気筒とギブリに見られるV6フェラーリを搭載した豪華版や、ギブリのシャーシにテシスを作る方が良かったのに。
      これからのアルファのクルマの中身を見ると、「コンペティションに戻るか、できるだけジュリアにとどまるか」と考える人が多いのではないでしょうか。

      • ブレラについては、私も持っていますが、大好きです。大型の市販車の中で最も美しい車のひとつだと思います。特に私が持っているバージョン(Italia Independente limited series)では、ある種の独占性を持っています。これ、新車ですか😂😂😂って、何人に聞かれたことか。
        V6については、私も持っていますが、この2010年バージョンで、多くの人を驚かせ、気に入っています。そうだ、2010年のV6 Q2バージョンのプレステストを探してくれ、誰も試していないんだ。アルファのコミュニケーションとプレス部門は、いつも最悪だ。
        リアにはスーパースプリングを装着し、オートデルタのエキゾーストマニホールドは、もともと装着されていた4つの触媒コンバーターのうち2つを取り除き(ブッソの消音にもなる)、このエンジンは本来あるべき姿になりました。このブレラに関する現在の記事を読むと、「V6ようやく悪くない」と読めるのが、なかなか面白い。スポーツオートではないことは確かです。
        そのため、アンビルを最新のQ2バージョンにしました。このバージョンはフェーズ1よりもかなり軽くなっています。
        ハンドリングについては、誰もが納得する唯一のポイントのひとつで、路面に釘付けになるのですそして楽しいのは、トラクションカーは限界までグリップを引き出す必要があるため、運転する楽しみがあることです。
        能力的にはクーペなんだから、フィアット500を小さいと非難するようなものだ。トスカーナまで行って、1.70歳の子供2人(当時)を連れてスキーに行ったんです。彼らはまだ生きていて、精神科医に行かない。
        ギリアは確かに良いところをたくさん刻んでいますが、4気筒はとんでもないです。ジュリアから降りてブレラのステアリングを握ったとき、私にはその選択が明らかでした。ジュリアは「怠け者」のための4気筒と変速機でつまらない。確かに効率はいいのですが、この手のクルマは走らせる以外にすることがないんです。
        145、156 Sw、ミトQvとガソリン車ばかり乗っていました。そのどれもが、私に喜びを与えてくれ、良い思い出ばかりです
        マルキオンネには、成功するためのすべてがあった。アルファ、156、147はアルファのイメージを回復させた。アルファを殺した企業の目先の利益と短期的な利益を最適化する、ただの金融屋さん。車もあったし、ドイツ方式で、小さな工夫で、既存のベースを最適化し、実際のネットワークで仕事をしながら、車を開発することを妨げるものは何もなかったのだ。ジョルジオのプラットフォームに莫大な投資をしたことは愚かであり、現在の製品群の状態がそれを示しています。他のものには1円も出さない、Swも出さない!?そして今、このブランドは私にとって、このエレクトリック・マッドネスを終えたものなのです。最新のスモールバンの発売とプレスの反応を見ると、この新型車も他のアルファのノベルティと同じように、棚の奥に追いやられることになりそうです。

        • これは、私たちが異なる視点を持つことができることを示しています。
          私が同意するのは、テマのような車にもっと適したジュリアの4気筒バージョンです(瞬間トルクと低回転)...。GMですら引き継ぐのを嫌がって別のプラットフォームにした159やブレラみたいに。
          マルキオンネが着任したとき、グループの財源は満杯にはほど遠く、未曾有の危機(忘れてはならないのは、家族の宝石を売るほど)を脱しており、当時財源を一部提供したのは農業部門であった。アニエリは、自分の株をGMに売るべきかどうか迷っていた(幸いうまくいかなかったが)。
          156 157とGTはよく売れたが、質量は利益を意味しないし、クロスワゴンを除いて技術的な進化はなかった(なおかつディーゼルのみ)。ブッソウゲから出たときにブレラを試したこと、ピルが通らない、欲望がわかない。このクーペはランチア・ガンマと名乗ることができたはずで、その方がまとまりがよかったのだろう。しかも当時マルキオンネは、3.2のブロックのオイルに鉄粉が見つかったからブッソは進化できないと言っていたのに、ヴェルティゴのジレが数ヵ月後に360馬力の3.6版と420馬力の3.8版で逆に証明してしまった(要するに、アルフィスティから見るとマルキオンネはバカみたいだったのである)。ランチアの下で(当初の計画通り)159とブレラを時間をかけて進化させれば(例えばクロスワゴン仕様も)、もっと多くの顧客が契約しただろう。 アルファとしては、まずティーポのプラットフォームの最新の進化と開発(クロスワゴンの4WD推進)で新しい156を作り、それからジュリア(これは長い間コギットされている)を準備した方が良かったのでは
          ジュリアがマニュアルギアボックスを持たないのは、お客さんが買わなかったからで、それは残念なことだし、SW版を作れなかったのはお金がなかったからではない...彼らの愚かさだ(これもマルキオンネのミスだ)。

    • FCA の壊滅的なネットワークの問題は、マルキオンネ時代からではなく、それ以前からフィアットがヨーロッパのリーダーになったものの、その地位に甘んじてネットワークをどう発展させていいか分からず、(プジョーに対するシトロエンのように)力ずくで放り込まれたランチアを情けない状態で、完全に骨抜きにされて管理できる有能な人材がいなかったこと、アルファに対しても同じだったことです
      159が誕生したのはマルキオンネ時代であり、彼以前のフィアットの失敗をすべて取り戻さなければならないのは、あまりに安易であり、非難される筋合いはない。
      アルファがあるべき姿に戻るには、1シリーズではなく、ほとんどの場合、数十年かけて行われます。
      マセラティやフェラーリやランチアのように、アルファをマスマーケット・ブランドにしようとしても意味がありませんからね。
      クーペのトラクションが欲しい人はゼネラリストに行けばいい、それが彼らの仕事だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。