マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレ:全情報を公開!

この マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴレFCA)ステランティスでは2年以上前から話していたのですが、ついに実現することになりました。彼女は、その トライデントブランドの電化を発足させなければならない (まあ、以前はMC20だったのですが、マーケティング上 マセラティ グランツーリスモならもっと良くなると言っていたに違いない)。2023年のマーケティングと生産。

マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレは、2007年から2019年まで約2万9000台(グランカブリオ仕様を除く)生産・販売されたV8エンジン搭載のグラントゥーリズモに代わる4シーター(2+2)スポーツクーペという難題を抱えたモデルである。

マセラティの新型車には、本物のカードがある なぜなら、ランボルギーニとフェラーリは、100台の%電気自動車を発表していないからです。アストンマーティンでは2025年、ポルシェではTaycanの新型が登場するのは2027年です。テスラにはすでに1020馬力のモデルSがありますが、高級ブランドなどのイメージはありません。

新型グラントゥーリズモ フォルゴーレに話を戻すと、以下の通りです。 初公開画像 と朗報です。 デザインは革命ではなく、進化である.

簡単に認識することができます 旧型グラントゥーリズモのデザインを踏襲しつつ、アップデートしたもの フロントライトは、より顕著なカーブを描くようになりました。 マセラティ MC20また、リアランプも変更されています。サイドウインカーは、エクステリアミラーに搭載されるようになりました。それ以外は、昔のグラントゥーリズモのデザインを踏襲しています。

この新型マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレのデザインは 旧型よりスポーティーでない しかし、このクルマは電気自動車であり、空力に多くの工夫が凝らされていることを忘れてはなりません。ネプチューンV6を搭載する将来のマセラティ グラントゥーリズモには、よりスポーティなフロント&リアバンパーと、MCストラダーレのようなサイドエアインテークが装備される可能性がある、いや、その可能性すらあるのだ。

内装は写真が少ないのですが、スポーツとラグジュアリーがミックスされています。

マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレの特徴

ここでは、現在わかっているマセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレの特徴を紹介します。

  • 800V アーキテクチャ ;
  • アドバンスト・ジョルジオ・プラットフォーム ;
  • ミラフィオーリで制作された ;
  • 3基の電気モーターで1200hpのパワーを発揮
  • バッテリーを車体中央のトンネル内に配置し、低重心化を実現
  • 0〜100km/h 2.7秒
  • 最高速度320km/h。

寸法はまだ不明だが、全長4.88m、全幅1.92m、全高1.35mと、先代グラントゥーリズモに近いものになるはずだ。

なお、マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレのエンジンが1,200bhpであるのに対し、92.5KWhのバッテリーは760bhpをホイールに伝達することができる。

マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレの出力は、したがって760ps...新しい電池を待っている?

マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレ 価格表

マセラティは、このマセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレの価格をまだ公表していない。

しかし、1020馬力のテスラ・モデルSプレイドが138,000ユーロから、761馬力のポルシェ・テイカン・ターボSスポーツが194,000ユーロからという価格なので、驚くことはないでしょう このマセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレの価格は、20万ユーロに近づくか、それを超えます。.

マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレ 対抗馬

現在、マセラティ グラントゥーリズモのライバルは、先駆的なテスラ モデルSプレイドと、発売以来大成功を収めているポルシェ テイカンの2車種である。

マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴレテスラ モデルS プレイドポルシェ テイカン ターボS
外形寸法(メートル)4,96×1,96×1,354.97×1×96×1.44インチ4.96×1×96×1.37インチ
重量2260kg2162kg2395kg
エンジン800Vモーター3基エンジン3基800Vモーター2基
バッテリー92.5kWh95kWh83.7キロワット時
オートノミー?600km353km
パワー760馬力1020馬力761馬力
0〜100km/h2.9秒2.1秒1.7秒
0〜200km/h8.8秒9.23秒9.6秒
最高速度320km/h322km/h260km/h
受賞歴?140 000 €193 000 €

マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴレ 動画

マセラティ グラントゥーリズモを発表するには、イタリアのブランドは、セバスチャン Maniscalco、このビデオのための彼の小さなチケットを取ったアメリカの俳優とコメディアンを伴う、カリフォルニア州に旅しているでしょう (デビッド ・ ベッカムはおそらくおじさんの国であまり知られている).

つまり、マセラティが内燃機関を想起させるために作った人工的な音が時折聞こえてくるのだ。それでも電気自動車なんだから、コメントで怒るなよ!

マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴレ ギャラリー

コメント

返信を残す
  1. このピュアで曲線的なデザインは、何年も使えそうです...自律性や重量が少し心配ですが。

    • 私の理解では、400Vよりも800Vの技術の方が、高価ですが、より少ない電池を入れることができるので、軽量化できます。2025年に民主化されるべき技術なんです。自律性については、テスラのように、常に足を床につけて運転すればバッテリーを消費する...ということになると思いますが、最終的にはサーモのようになりますね。

      私のグラントゥーリズモでは、20L/100を簡単に超えることができ、300kmか400kmごとにようやく満タンにします :D.最終的には、電気自動車の方が旧来のV8自動車よりも航続距離が伸びるのではないでしょうか。

  2. 確かに旧型と比較すると性能的には素晴らしいが、おそらく低くなったから良く見える横顔は別として、私は旧型よりずっと美しくなく攻撃的だと思う(飽きのこないものを所有している)、特にMC20から取ったフロントライトは個人的には似合わないし、リアはクラシックすぎる。 要するに、なぜ初代から16年も経って、それらしく見えるが本当は美しくなく、モダンですらないモデルを作ってしまったのだろうか?壮大なアルフィエリ!は、ずっとモダンなデザインに代わって、厳しそうなコンペティションにふさわしいものだったのでしょうか!

    • Alfieriは、直系の子孫がいない4200GTに代わって、このモデルの下に位置する一流品となる製品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です