イタリアの%電気自動車100台

大多数のメーカーにとって、自動車の未来は電気自動車です。

2030年までに大半のメーカーがイタリア人も含めて。 は、100 %の電気レンジを提供する予定です。.ハイブリッドという熱は、せいぜいフェラーリやランボルギーニといったブランドの一部のモデルにしか使われないだろう。

このページでは、そんなあなたのために、すでに発売されているイタリアの電気自動車と、これから発売される電気自動車をリストアップしました。

アバルト

アバルト は、現行の電気自動車「500」をベースとした初の電気自動車を発表する予定です。よりパワフルに、よりスポーツに適した装備にする必要があるでしょう。現在、プロトタイプが走行中です。

  • アバルト500エレクトリック(2024年)

アルファロメオ

という公式なものです。 アルファロメオの車種は、2027年に100 %の電気自動車になります。 のドライビングプレジャーのDNAを保持することに挑戦しています。 アルファロメオそれを実現するのが電気自動車であり、iPadのような外観である必要はないでしょう。

  • アルファロメオB-SUV(2024年)
  • アルファロメオD-SUV(2025年)
  • アルファロメオ・サルーン(2026年)
  • アルファロメオ E-SUV (2027)

フィアット

2020年に電気自動車「500」を発表し、販売を開始した後。 フィアット は、これに付随する他の電気モデルも準備しています。

  • フィアット 500 electric (2020年)
  • フィアット B-SUV (2022年)
  • フィアット C-SUV (2024年)

ランチア

エレガントなサステナビリティの話 ランチア.メニューは、時代を超えたデザインをモダンでコンテンポラリーな方法で再解釈したものです。ランチアは、ステランティスの新プラットフォーム「STLA」を使って、電気で生まれ変わります。

  • ランチア・イプシロン(2024年)
  • ランチア オーレリア (2026)
  • ランチア・デルタ (2028)

ランボルギーニ

もし、スーパーカーブランドが ランボルギーニ は、まだ熱車を提供し、電化、それはまた、製品計画で2024年に100 %の電気モデルを発表している。

  • ランボルギーニ(2024年)

マセラティ

ブランド マセラティ は、ここ数年、特にフランスで、生態系のマルスと相容れない経年劣化に悩まされています。%電動モデルを100台以上投入する意欲的な商品計画が発表されました。2023年にスタートが切られる予定です。 マセラティがフォーミュラEに参戦した年.

  • マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレ(2023年)
  • マセラティ MC20(2023年)
  • マセラティ・グレカーレ・フォルゴレ(2023年)
  • マセラティ・クアトロポルテ(2024年)
  • マセラティ・レヴァンテ(2024年)

フェラーリ

数年間の場合 フェラーリ は、電気自動車100 %の可能性についてコミュニケーションを取りたくなかったが、John Elkannによって確認された。最初の電気自動車「Ferrari 100 %」は2025年に発表される予定です。

  • フェラーリ(2025年)

6 コメント

返信を残す
  1. フィアット、ランチア、アルファロメオといった最大級のボリュームを狙うブランドがこれほどまでに臆病になっているのに、マセラティが真っ先に、そして最も広範囲に電気レンジを開発しているのは(控えめに言っても)かなり意外だ。そしてアバルトは、既存のベースに595を開発するのに本当にあと2年かかるのだろうか?

    • マセラティは、CO2排出量に最も苦しんでいるブランドであり、熱的なレベルでの目新しさがない(PHEVは先験的に議題に上がらない...)と思うのです。アバルトにとっては、バッテリー、重量、サウンドの問題ですが...。来年発表される可能性もありますが、商品計画では2024年のアバルト500eを発表しています。

      • また、マセラティの顧客が簡単に15000を超えることができるとき、各フィアットの顧客は数百/千ユーロ離れていることを考えることができます...私は少なくとも、フィアットはプジョーで使用Vitesco /大陸電気モーターなしで行うことを願って、それはとても非効率的に見える。

        • あるいは、70km/hから2速にシフトアップして、高速道路での燃費を最適化する2速オートマチックギアボックスを搭載すべき......といった具合だ。

  2. 自動車の電動化=フランスの新車販売台数は過去3年間で平均20%減、しかし中古車市場は爆発的に伸びている。みんなクラシックカーばかり乗るようになるのか!?フレゲート、403、プル17、フィアット1100、DS19、フィアット・リトモス、フィアット850が路上に戻ってくるだろう。 そしてそれは単なるノスタルジーではないだろう。

  3. 絶え間ない広告宣伝にもかかわらず、4、5万ユーロの電気自動車やハイブリッドSUVの販売はほとんど軌道に乗っていません。だから法整備して禁止する。そして、エコロジーの名の下に景観を損なっている。そして、エコロジーの名のもとに、リチウム鉱山で子どもたちを働かせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。