Alfa Romeo Tonale PHEV(プラグインハイブリッド):全情報

記事更新日:2022年11月17日

コンパクトSUV アルファロメオ トナーレ は、イタリアンブランドとして初めてプラグインハイブリッドエンジンを搭載したモデルを近々発売する予定です。 アルファロメオ. 2020年11月17日に発表された「アルファロメオ・トナーレPHEVここでは、その情報をご紹介します。

出典:アルファロメオ
出典:アルファロメオ

を超えたものの 今年2022年の受注は2万台トナレはまだカードを持っている 待望のエンジン、プラグインハイブリッド.内燃機関と1つまたは複数の電気モーターを組み合わせたモータリゼーションです。

このプラグインハイブリッドエンジンの利点は。 完全な電気自動車の可能性、内燃機関と電気モーターの複合パワー、そしてCO2排出量の少なさです。このタイプのモータリゼーションの欠点は、バッテリーが充電されないと、動力は内燃機関のみに頼ることになり、バッテリーの重量が車の挙動に影響を与えることである。

これを知り、これを知るときアルファロメオは走る歓びを提供しなければならない この目標を達成するために、イタリアのエンジニアがどのような苦労をしたのか、私たちはよく理解しています。

アルファロメオ・トナーレのプラグインハイブリッドに話を戻すと、アルファロメオのディレクター、ジャン=フィリップ・インパラート氏が自身のツイッターで発表日を明らかにした。 は、2022年11月17日になります。

それなのに、トナーレ・プラグイン・ハイブリッドの情報はすでにたくさんある。

アルファロメオ・トナーレPHEV:わかっていること

まず、その名称は アルファロメオ トナーレ Q4.実際、フロントの内燃機関とリアの電気モーターを組み合わせることで、前輪駆動のMHEVバージョンとは対照的に、4輪駆動が可能になっています。

そして、ガソリンエンジンは180psの1.3Lターボに90KWの電気モーターを組み合わせた120psのものとなる。総出力は280馬力(180+120は280ではないことは承知しています)。6速オートマチックギアボックスと組み合わされる。アルファロメオは、安全で快適、そして楽しいドライブを道路で約束します。

バッテリーの容量は15.5kWhとなり、車両総重量1835kgに125kgが追加されます。車載の7.4kWの充電器を使えば、2.5時間以内でフル充電が可能です。

性能面では、0-100km/h加速が6.2秒となります。最高速度は、ハイブリッドモードで206km/h、電気モードで135km/hとなる予定です。ちなみに、280bhpのガソリン車であるステルヴィオの0-100km/h加速は5.7秒である。

CO2排出量は最大26g/kmです。

総走行距離は、オール電化モードで80km、熱+電気モードで600kmです。

最後に トナーレの登場です。 排気口が見え、モディファイドビシオーネのロゴが見える。

出典:アルファロメオ

アルファロメオ トナーレ Q4 特別仕様車

また、ハイブリッドモデルの発売を記念して、20インチアルミホイール、レッドブレンボキャリパーなどを装備した最高レベルの装備となる「スペシャルエディション」を受注生産で用意します。

まだ価格が分からないので、数時間後には注文できるのですが...。

出典:アルファロメオ
出典:アルファロメオ
出典:アルファロメオ
出典:アルファロメオ

コメント

返信を残す
  1. ジュリアQVをハイブリッドで出してくれれば、現行のV6で、殺人的なマルスの支払いをしなくて済むのに...。

    • マセラティに4気筒がある以上、いつか実現するよりもユーロミリオンを獲得する方がチャンスは多いという印象です(理解不能)。
      名作を2本作って放置!
      4Cや124、ギブリのように...自分で自分の足を撃っているようなものです

  2. 今朝、やっとミラーに1枚、ボフ。ブレラを彷彿とさせるライトを除けば、赤いバン。
    その後、これが2022年のクルマの情熱であれば

      • はいはい、もちろんそれはあなたの意見であって、私の意見ではありませんよ。
        街頭でのサムシングは、私の車が醜いと言うことです。

        • 街中でサムズアップ?でも、トナーレはブレラよりもずっといい車ですが、SUVですからね。

        • 街中で親指を立てる? そう言われれば怒らせませんが)トナーレはSUVなのにデザイン的にブレラよりずっと素敵なのは、バランスが良いからです。
          ブレラはクロスワゴンクーペとして素晴らしいものになったかもしれません(ただし、ブッソと、あの退屈なホールデンV6ではなく、せいぜい1.75ターボを搭載してください)。

          • 発言に疑問を呈するとイライラするという話、それで幸せになれるのなら、自分で幸せになればいいのです
            四角いバン、クーペより素敵、いや、明らかに違う。背の高い四角いもののバランスといえば、たしかに四角はあまり複雑な形をしていないので、とてもバランスがいいですよね。
            SUVのデザインはひどいものです。フェラーリを除けば、このバンを格好良く見せるデザインは、今のところどのメーカーも出していない。
            そしてもちろん、このV6は、オーストラリアの低エンジンの恩恵を受けるだけで、いつもの決まり文句である、完璧なフォーマットであなたを冷たくします。

          • フォーマットは、まあ見ての通りです。何度も試しましたが、アルフィスティは皆、ブレラが大失敗した理由だと口を揃えて言います。
            このSUVのデザインを見てみると、もし脚が高くなければ、ブレラの失敗したデザインよりも官能的で、ホールデン起源の低いエンジンだけでなく、それを熱狂させるために何もできなかったアルファが行った非常に少ない変更があるため(このようなベースで開始することにより、すべてが彼らの歯を折っているだろう)、同じように動作するロータスのトヨタV6と同じ問題は、許されないように重いです!このように、あなたは、この車のデザインに興味を持っています。2.2もそうだが、1.75は実に心地よく、性能面でも他の2台をうらやましがることはない。
            このクーペがあなたの言うような非凡なものであれば、もっとたくさん売れたはずですが、結果は承知の通りです。

          • そしてフェラーリのプロサングエは大失敗だ。リアドアが拮抗しているのに、ドアの間にピラーを入れるのは本当にひどい。特にマツダがRX8でそれをせずに、本物の4シーターとして模範的な剛性と超抑えた重量(ロータリーピストンエンジンが本当にとても軽いのは本当だ)を実現したことを見ると(私は1m83だが後部で快適に過ごせる)、この車はとても優れている。プロサングエと交換することはないだろうし(完全に失敗)、ステルヴィオやグレカーレの方が圧倒的に好きだ。
            イタリアで用意された引き上げられたブレラを見たことがありますが、まあ、ゲームも変わるし、グローブのようにフィットして、2台の車をくっつけたような印象はほとんどありません(ミトGTAのリアエンドを装着しています)。

          • ブレラも私的には美しいと思います。ペダルの位置だけでも恐ろしいのに・・・。このコンセプトは市販モデルになることを想定していなかったのですが、このデザインが当時話題を呼び(当然、今回も)、生産に移行することになったのです。

          • ブレラのコンセプトは(ドアシステムを除けば)本当に市販を前提にしたもので、当時はそのようなディテール(マセラティ4200シャシーとそのV8)を最後まで押し通したが、8Cを控えていたフィアットに断られた(ジウジアーロもインテリアを提案したがブレラには159を使いたいとフィアットに拒否されている)。
            その情熱を解き放ったのがコンセプトであり(私もその一員でした)、市販モデルが発売されると大失敗(当然です)、販売も大失敗、コンバーチブルはなおさらでした。2+2にしては狭い室内に存在しない後部座席、アルファにふさわしくないエンジン、そしてパチスロ並みの重さ。つまり、失敗はあらゆる点で正当化される(当然である)のだ。

  3. 特にセンターコンソールは、チップグレーのプラスチックで、ダッシュボードも同じです。フロントドアのドアシルはカバーされていないので、廃材が見えますね :-(笑)。
    鍵の置き場所、ステルヴィオの仕掛けを使えばいいのでは?
    アルファロメオのスピリットはどこにあるのか?フロントエンドを除けば、ルノーの最新型メガーヌの方が優れています。
    ステランティスの精神は、アルファの魂に受け継がれている。

    長い間待っていたのが残念です。

    • メガーヌを見た感想としては、素晴らしくないどころか、悩ましいほど庶民的とさえ言えるでしょう。信頼性は言うまでもなく、そのNPVの通りなら...大失敗は間違いないでしょう。

  4. しかし、なぜステルヴィオのこのいまいましい悪阻を下げるためにハイブリッドがないのか。280馬力のガソリンバージョンはほとんど売れないのに、トナーレのように280馬力はいいだろう(悪阻の+12000!)。

    • マセラティでも確立されたシステムをインストールするだけでいいということを知る。奇妙な、それは明らかだ

      • ただでさえ高いステルヴィオのコストが、CO2増量も並大抵ではない(だからマルスの減量も限定的)し、2025年に代替されるモデルなのに、さらに高くなるからだと思います。技術的には可能だが、合理的に考えると、アルファロメオの新経営陣はそうではないだろう。将来のモデル(B-suv、将来のstelvio、将来のgiulia)でやらなければならないのです。

        • アレクサンドルさんの言うとおり、アルファはジュリアとステルヴィオのハイブリッドを作らないと発表した。コスト的な理由もあるが、何よりも2025年(公式発表の1年前)にモデルを止めるからだ。

  5. Zfのギアボックスを搭載したGiuliaに乗るとき、ギアボックスの修正が可能であることを期待している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です