アルファロメオ:2030年までの将来モデル

ステランティスが旧FCAのイタリアン・ブランドを引き継いでから間もなく2年になるが、フランス人のジャン・フィリップ・インパラートを指揮官に、同社は次のように考えている。 ブランド転換 アルファロメオ で成功に導く。 新型.

ひとつだけ確かなことは、ジャン=フィリップ・インパラートは、FCAの旧経営陣に比べ、コミュニケーション能力がはるかに低いということだ。後者では、2010年から2020年まで、ほぼ1年に1回の製品企画があり、4年間で8機種の新モデルを発表していましたが、新生ステランティスの経営陣は、より地味に発表しています。

とはいえ、あちこちの取材で ブランドの将来と将来のアルファロメオのモデルについて示唆を与えています。.

今回は、アルファロメオの未来型モデルに関する情報をまとめてご紹介します。

アルファロメオのブランドは:

ステランティスは、アルファロメオが愛好家のためのDNAを維持すると同時に、より多くの量をこなすために新しいオーディエンスを獲得する必要があると、私たちを安心させようとし続けています。

  • 社内でプログラムされ、検証された10年間の製品計画
  • 優先すべきは、小型シリーズの発売ではない
  • 2027年に%電動モデル100台
  • 2021年6月より新デザイナー「アレハンドロ・メソネロ=ロマノス」が就任
  • スポーティなプレミアムブランド
  • 新モデル1機種/年
  • 欧州と中国/日本/米国/カナダで異なる可能性のあるエンジン
  • 2030年までにDセグメントを超える提案(大型サルーンや大型SUVなど)
  • アルファロメオがF1に残るなら、フェラーリエンジンのみとなるだろう

アルファロメオの将来のモデル:

以下は、2030年までに発売がほぼ確実視されているモデルの表である。

モデルセグメントプラットフォーム内部コード工場
アルファロメオ トナーレC-SUV2022FCA SW LWB965ポミリアーノ・ダルコ(イタリア)
アルファロメオ・ジュリア MY23D-セダン2023ジョルジョ952カッシーノ(イタリア)
アルファロメオ・ステルヴィオ MY23D-SUV2023ジョルジョ949カッシーノ(イタリア)
アルファロメオXスーパーカー2023MC20 ?モデナ(イタリア)
アルファロメオXB-SUV2024PSA eCMP966チチ(ポーランド)
アルファロメオ・ステルヴィオD-SUV2025STLA 中型
アルファロメオ・ジュリアD-セダン2026STLA 中型
アルファロメオXE-SUV2027STLA 中型
アルファロメオX2028
アルファロメオX2029
アルファロメオX2030

このため、大型セダン(e-sedan)、新型デュエット・オープン、スポーティ・クーペなどのモデルが想定されます。後者の2台は、STLA Largeプラットフォームの下、将来のマセラティGranTurismoとGranCabrioのプラットフォームの恩恵を受ける可能性があります。しかし これらの仮説モデルは、すべて、「ヴェンディ」の成功が条件となります。 前モデルの...

トナカイの一生 2027年までにアルファロメオの全車両が100 %の電気自動車になるため、非常に短くなる可能性もあります。古い」FCAプラットフォームが100 %の電気自動車に生まれ変わるか、2028年にSTLA Smallプラットフォームの新しいトナーレが登場するかはまだわからない。

についてはどうですか? クアドリフォリオスポーツバージョン %の電気自動車が登場したら......それは、まだわからない。

以下、備忘録として 異なるStellantisプラットフォーム を、セグメントに応じて変更します。

36 コメント

返信を残す
  1. ザウバーはアウディに買収され、アルファータウリはホンダになり、マクラーレンはBMWと契約しようとしており、アンドレッティはますますウィリアムズをターゲットにしているので、アルファがF1にとどまるとは思えません。
    要するに、円陣が完成したのです。

    • 話が飛躍しすぎ!まだ何も決まってない!BMWが復活するのは難しいというか、その兆しが見えない、タウリ本田α?ホンダは、シャシーとエンジンで帰ってくるという印象ですアンドレッティは、F1に来れるのだろうか?

      • 最後に聞いた話では、アウディとの契約はほぼ決まっていて、アンドレッティはほぼ全員一致で来させないということなので、何の関係もないと思います。ホンダは2026年に残留することを正式に発表し、RBRはアルファータウリのエンジンがまだホンダであることを発表した(だからどうした)。他の人が殺到しているときにBMWが戻ってこないと思うのは、大草原の小さな家で電気もなく、100ヶ所の情報手段もないところに住んでいるようなものです。

  2. ハース ザウバーと同じメンタリティではないので、まだリスクがあります。アルファロメオと一緒にアメリカの会社として経済的には良いだろうが、ザウバーのような本当の組織的な体制があれば...あるいは後者の経験があれば、よりギャンブルに近いものになるだろうね。

  3. ステランティスはアルファロメオに野心を抱いている。一方、フィアット、そして後にFCAは、1987年に間違った理由で低価格で買収されたこの元ライバル会社を蔑ろにしていたのだ。
    もちろん時代は変わり、歌うエンジンの時代は終わった(アルファに限らず)。しかし、インパラートと彼のチームなら、クオーレ・スポルティーボを復活させることができると信じている

    • PSAとの結婚以来、アルファに行きたいと思うお客さんがいないほど、野望は巨大です。
      FCAは、8C、2 4C、ジュリア、ステルヴィオ、ジュリエッタに見られるように、イタリア国家が何十年にもわたって破壊してきたアルファのイメージを回復させたのです。
      ステランティスは今までの仕事を破壊し、アルファは衰退していくでしょう
      まず、アルファとフィアットは決して競合関係になく(両者の間には紳士協定さえあった)、フィアットは(ランチアのように)一握りのチェリーでアルファを買ったのではなく、シトロエンがプジョーに対して行ったように、イタリア国家が彼らの邪魔をしたのだ!」と。
      PSAの食器棚にある死体の数を見ると...多くのお客さんが怖がるんです!
      PSAは、ヨーロッパで最も多くのブランドを殺してきたグループであり、イギリスと一緒である。

      • 全面的に賛成です。ステランティスは、共通のプラットフォームでとても良いクルマを作っています。しかし、率直に言って、彼らの共通の STLA (イケア) ベース Dongfend やシトロエンのような車と、アルファロメオの死の署名すべての人々 のためのドライブに好きです。また、標準的なアーキテクチャからそのプロポーションに苦しむことになるデザインや、ミラー、ドアハンドルなどの細かい部分についても、標準化されることになるでしょうね。株主には良いマージンを、顧客には良い衛生的な製品を、しかしブランドの死は...。

          • ただし、トナーレがアルファロメオに期待するような製品でないことを除けば、将来の小型SUV(その名称は謎のまま。
            アルファロメオに行けば、一般のディーラーと同じ商品が買えると思っていたら、とんでもない。
            ジュリアやステルヴィオが登場する前にいた「本当の」アルファの顧客は、50%の顧客を持って行ったBMWに捨てられるか、行ってしまい、残りは去ってしまった...ということです。日本人へ。
            プジョーに似たアルファの製品を探しているとしたら、それはフェラーリやランボルギーニ、マクラーレンの中に4気筒のケイマンを探すようなもの...要するに、いつまでたっても実現しないので、選ぶときには最低限の判断力が必要なんです。
            ピュアスポーツブランドにベーシックな製品を求めてはいけない。
            トナーレのお客さまは、決してジュリアやステルヴィオ、8や4Cなどのお客さまではありません。
            リスペクトの問題ではなく、一貫性の問題なのです。
            親戚にケイマンを辞めたら絶対にフラット4スポーツカーが欲しくなって、まあ最後のBRZに乗り、ポルシェが興味を持つような新製品を出すのを待ちながらアウディにTTを買いに行かず、同じ製品ベースのままで...という人がいます。それが一貫性です。
            しかも、トナーレはアルファの名前しかないので、成功するかどうか疑問ですし、アルファも2000年代前半に提案されたように、そろそろ2つの事業体を作る必要があるのではないでしょうか。
            ピュアスポーツ
            すべての人にスポーツを(トナーレのある場所)
            しかし、一度に二兎を追おうとすると、結局何も捕まらないので、アルファは(ジュリアとステルヴィオやその他のHDG製品で見たように)本当にできることに集中し、何よりもその名にふさわしいアフターサービスを再構築したほうがいい。ジュリアの購入を更新しなかった多くの顧客(これが理由だけでもたくさんいる)は、ここで行き詰まるからである。
            すべての人のためのスポーツの証拠は、リストの先頭にあるダッジとまだテストされていない有名なホーネットは、本当にすでにフルブックを持っているので、私はアルファがどのように抜け出すことができるようになるとは思わない。
            プジョーからアルファを作り、ジェネラリストにある商品を求めてアルファに行くということは、アルファをフィアットに買収されたときと同じレベル...奈落の底に戻すことになるわけです。
            ブランドを閉じた方がいいかもしれない。多くの人と同じように、ジュリアとステルヴィオが終わったら、走行距離の少ない中古車を探すか、日本車に戻ろう...と。大きなお世話ですが、まさにそうです。ステルヴィオやジュリアの客層の80%以上は、(私もその一部ですが)見捨てられた客層で、こういう客がいるからブランドが存続しているのです。すでにマツダやレクサス(とパフ・ザ・ドッグ)の今後の商品について聞いている人もいるので、また他所へ行き始めるのは十分あり得ることです。
            ジュリアやステルヴィオのオーナーで、プジョーなどに行った人は、客層が全然違うので知らないのですが、本当に、いないんですねー。

      • 私は、そうは思いません。あなたはノスタルジアとともに生きているという印象です。デザインで買う人が多いという印象です。例えば、メルセデスにルノーのエンジンが搭載されていることを知っているバイヤーがどれだけいるだろうか?
        個人的にはメカが好きで、車も好きなんですが、今の状況を考えると、美しく、完成度の高い、快適な車を求めています。交通の便や安全性を考えると、もうサーキットに行かないと運転がわからない!というのが現状です。
        プジョー308を見ると、BMWの1シリーズやメルセデスのAクラスよりも魅力的に感じるんです
        BMWは1シリーズも3シリーズもそんなに売れてないのに、まだ6気筒をたくさん見かけるのですか? ...私はBMWの3気筒をたくさん見ますが......。
        BMWが前輪駆動にしたから売れなくなった?

        • なぜなら、お客様は自分が何を買っているのか分かっているからです。
          1シリーズのFF車が後輪駆動と合わせて何台販売されるかは、これからですね。6気筒は後輪駆動であるとともに、クーペの最大のセールスポイントですから、BMWが6気筒を外すことを拒否するほど、お客さまが喜んでいるのを私たちは見ました。誰が買うかというと、3シリーズに慣れていて大きすぎると感じたお客さんです。最近テスラに脱落したブランドと同じ4気筒ばかりになり、どれだけの顧客がメルセデスを見捨てているのだろうか。あなたのようなプジョーを美しいと感じるお客様がどれだけいらっしゃるのでしょうか?知り合いがいない。
          あなたは購入者と同じ惑星に住んでいないようです。

          • まったくその通りで、私はもはや今日の客層の望みに沿っておらず、より伝統的な客層との交わりを欠いている可能性もあります。世界は私たちが思うより早く変化しています。あなたの視点を教えてくれてありがとう。

        • 製品のデザインがすべてではないし、アルファとプジョーを比べるのは......ちょっといただけないですね。ティータオルと高級セットを混同しているようなものです。プジョーが美しいというのは、メルセデスAクラスでもアウディA3でもBMW1でもプジョー308でも個人ベースではひどいですから。

          • 別の例を挙げますが、必ずしも個人的な意見というわけではありません。知り合いのアルフィストは赤いジュリアベローチェに何年も乗っていた。車の乗り換えを待って待って...トナカイを試したが納得がいかないという。他のアルファロメオのノベルティを待ちながら、プジョー308SWを選択されたそうです。だから、みんなの好みを尊重しなければならないが、アルファロメオの顧客のレベルに合わないオファーに直面したとき、おそらく現実的な選択もあるのだろう。

          • ただし、トナーレがアルファロメオに期待するような製品でないことを除けば、将来の小型SUV(その名称は謎のまま。
            アルファロメオに行けば、一般のディーラーと同じ商品が買えると思っていたら、とんでもない。
            ジュリアやステルヴィオが登場する前にいた「本当の」アルファの顧客は、50%の顧客を持って行ったBMWに捨てられるか、行ってしまい、残りは去ってしまった...ということです。日本人へ。
            プジョーに似たアルファの製品を探しているとしたら、それはフェラーリやランボルギーニ、マクラーレンの中に4気筒のケイマンを探すようなもの...要するに、いつまでたっても実現しないので、選ぶときには最低限の判断力が必要なんです。
            ピュアスポーツブランドにベーシックな製品を求めてはいけない。
            トナーレのお客さまは、決してジュリアやステルヴィオ、8や4Cなどのお客さまではありません。
            リスペクトの問題ではなく、一貫性の問題なのです。
            親戚にケイマンを辞めたら絶対にフラット4スポーツカーが欲しくなって、まあ最後のBRZに乗り、ポルシェが興味を持つような新製品を出すのを待ちながらアウディにTTを買いに行かず、同じ製品ベースのままで...という人がいます。それが一貫性です。
            しかも、トナーレはアルファの名前しかないので、成功するかどうか疑問ですし、アルファも2000年代前半に提案されたように、そろそろ2つの事業体を作る必要があるのではないでしょうか。
            ピュアスポーツ
            すべての人にスポーツを(トナーレのある場所)
            しかし、一度に二兎を追おうとすると、結局何も捕まらないので、アルファは(ジュリアとステルヴィオやその他のHDG製品で見たように)本当にできることに集中し、何よりもその名にふさわしいアフターサービスを再構築したほうがいい。ジュリアの購入を更新しなかった多くの顧客(これが理由だけでもたくさんいる)は、ここで行き詰まるからである。
            すべての人のためのスポーツの証拠は、リストの先頭にあるダッジとまだテストされていない有名なホーネットは、本当にすでにフルブックを持っているので、私はアルファがどのように抜け出すことができるようになるとは思わない。
            プジョーからアルファを作り、ジェネラリストにある商品を求めてアルファに行くということは、アルファをフィアットに買収されたときと同じレベル...奈落の底に戻すことになるわけです。
            ブランドを閉じた方がいいかもしれない。多くの人と同じように、ジュリアとステルヴィオが終わったら、走行距離の少ない中古車を探すか、日本車に戻ろう...と。大きなお世話ですが、まさにそうです。ステルヴィオやジュリアの客層の80%以上は、(私もその一部ですが)見捨てられた客層で、こういう客がいるからブランドが存続しているのです。すでにマツダやレクサス(とパフ・ザ・ドッグ)の今後の商品について聞いている人もいるので、また他所へ行き始めるのは十分あり得ることです。
            ジュリアやステルヴィオのオーナーで、プジョーなどに行った人は、客層が全然違うので知らないのですが、本当に、いないんですねー。

          • 508 SWの選択は理解できたが、次に308...ジュリアとは対極にある、時代を超えた節操のなさを感じる...。

          • 最後に、6万ユーロ以上で、ステランティスには申し訳ないが、新しいステーションワゴンが欲しいなら、BMWの330eツーリングにしようかな...。

          • フレド
            それはまさに元アルファロメオの顧客と(156と159)の元顧客がしたことだから、あなたは完全に正しいだろう(彼らのほとんどはジュリアの後にステーションワゴンのオファーがなかったのでBMWに残った、一方ヨーロッパではこのバージョンのための大きな可能性がある、特にスイス、ドイツ、ベルギー、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク)、多くは(彼らが言うにせよ)全くSUVを好きではない(私はそれらを理解している)。頑なにアルファと同じ過ちを犯し続けるマツダの顧客を取り戻したほどだ(フェラーリが常にそうだったように、トヨタにくっついていれば、独立性があるのでなおさら許せないのだ)。アバルト、アルファ、ランチア、マセラティに欠けているものです。フィアットは昔からそうでしたし、リードしていますからね。

          • アレクサンドル
            アルファロメオのお客さんを何と呼ぶか教えてください。
            もしや、トナーレ(ジュリエッタに相当)を買ってくれるお客さんは、本当に時代のニーズがあるのでしょうか?
            年々進化させながら抑制するのではなく、ジュリアをベースに4気筒版(内燃機関を受け入れてくれる国向け)で本物のテマを作り、V6版をアルファに確保した方がいいのでは?グレイルにゼータやペドラを4気筒仕様のみで作った方がいいのでは?
            消滅予定だが4気筒エンジンを搭載しているギブリをベースにテシスを作った方が儲かるのでは?
            今後も低容量でも高利益率(オーバーして恍惚としている)を望むのであれば、その方が利益が出るので余裕を持つことができる。
            個人的には、ジュリアシリーズ(あるいはステルヴィオでも何でも)の顧客に関心を持ち、ランチアやマセラティと同様に(マツダ、レクサス、トヨタなどもそうだが)毎年製品を改良し、何よりも世界で最も有能なアフターサービスに投資する方が良いので、賛成できないのだが。
            このレベルの無能さでは、フィアットグループ(ランチア、アルファ、アバルト)は昔から勝者だった。クアドリフォリオやヴェローチェの修理やサービスを受けるためにラダに行けば、きっと彼らはもっと有能で、それが多くの顧客が新世代のアルファを買うことを恐れている原因だからだ。

          • 謙虚に言いますが、私はあなたが挙げたものすべてについて、歴史的な知識を持っているわけではありません。それに、私は車のエンジニアではないので、どのように、どのくらいのスピードで車を適応させればいいのかわかりません。

            一方、10年余り前から、イタリアメーカーの失敗や成功のニュースを熱心に追いかけ、友人となったディーラーの営業マンの話も聞き、イタリア車だけでなく他のメーカーの車を持っている数多くの仲間の話も聞いています。また、モデナには、良好な関係を維持しようとする人たちがいます。

            今日の意思決定者は昨日の意思決定者ではない、今日の自動車市場は昨日の市場ではない、今日の顧客は昨日の顧客ではない、ということは単純な事実です。

            お客さまは、クルマを選ぶとき、もっと気まぐれで、現実的なのです。

            今のアルファロメオのお客様とは?ファンタジーの世界では知っているつもりなのですが。現実にはわからない。

          • 2035年までジュリア豪華版と同じ内装のテマが4気筒で後輪駆動または4WDで、アルファがV6後輪駆動または4WDで同じものが出ないということはないでしょう。
            大きな投資ではなく、すぐに元が取れますし、ジョルジオのプラットフォームのクオリティを見れば、それを利用しないのは馬鹿らしいと思います。

    • ジュリア・クアドリフォリオの発売から7年、FCAに10億円を投じて、このカテゴリーのリファレンスである専用プラットフォームを2モデル分用意させた「侮り」である。例えば日産とのコラボなど、ブランドの歴史の中ではもっとひどいことがあったのですが...インパラートには、コストキラーから制度を守ってほしいです。

  4. どうやらスポーツクーペが順調に進んでいるようだ。なぜ電気自動車ではないのか...しかしジュリエッタは、特にスポーティさを主張するブランドのために、誰もがSUVに飽きていることに気づくまで、姿を消す予定だという。ちなみに大画面の場合も同じです。トナーレは、プラットフォームがカテゴリー的に悪くないのに対して、エンジンブロックが明らかに不足しています(何事も相対的なものです)。新工業化世代でなんとかまともな容量のバッテリーを搭載してくれるかもしれませんね。しかし、ブランドイメージに打撃を与えることになるので、競争相手に対して遅れをとる必要はないだろう。

    • フレドは、電気自動車がそうでないことがわかるので、今のところ競争はバタバタしています。メルセデスのリコールの数を見てください(彼らはもう限界で、BMWでは尻に敷かれています)。VAGグループは別として、信頼性という点では破滅的なので実際の結果を出すことを拒否し(言うまでもなく、最初のIDのように駐車場で腐らないように完成もしていない車を売っている)、自社製品の失望を語らないようにジャーナリストの手のひらに油を注ぐことを強いられている(そうすれば、苦しむのはいつものように顧客であり、わずかな問題も自分のせいだと言うことになるだろう)。VAGグループのボスが退社を命じられたのも、このような理由からです。
      メルセデスとVAGグループは狂ったように走り続けましたが、その反動は大変なものです(私はVAGグループが好きではありませんが、消滅して欲しくはありません、それは面倒なことで、他のこと同様多様性が必要だからです)。

  5. フェドロ・ラ・トナーレは、まったくスポーティなモデルではなく、クロスワゴンなどの製品タイプに代わる、いわゆる「オールテレイン」モデルです。このプラットフォームは成功です(特に、競合他社が提供しているものを見ると👎)。このエンジンは、パワーよりもトルクを重視したコンセプトと相性が良いので、そこは間違っていますね、今は納得していますが...。アルファロメオに属していないとランチアでは、はるかに豪華で快適な種類のジープを実装する必要があります、ジュリア ステーション ワゴン (これはすべての時間出てくる) と 2 + 2 クーペと 4 C 交換アルテガ GT (これはそのプラットフォームでランチア豪華 GT バージョン旅行のために共有できる) の静脈を好む顧客の数千がある間。
    あなたの言うとおりなのは、アルファは必要な顧客を呼び込むために、短くなったジュリアのプラットフォームでジュリエッタを出し、スポーティでなおかつ限定車のトナーレを出す必要があるということです。
    現時点では、アルファの話す顧客があまりにも熱に接続されているし、新しい燃料の進化をより待って、個人的には、吐き気を与えるので、もう一度、画面の右ですすべて混乱マーク フィアットとマツダを除いて、それらをカモフラージュ (124 または MX5).
    しかし、あなたの電気自動車に対するビジョンは、顧客がランチアに期待するものの完璧なビジョンです。マルキオンネが「ランチアはもう何の意味もない」と間違って叫んだとき、顧客を笑わせ、スイスでは彼が最悪の無知に見えました(彼は当時それを探し、15メートルの顔で戻ってきたのです)。
    アルファはずっと3社しかライバルがいなかったが、その間に道を踏み外したのがマツダ、BMW、レクサス(後者2社はもうどうしていいかわからず、残念だ。今は2つの椅子にお尻を乗せているので、(アルファのように)DNAを犠牲にせずにブランドイメージを出すことはそれほど難しくないのだ)。
    ステラントスの全ブランドの歴史を見ると、商品、イメージ、歴史、そしてシェアまで考えると、プレニアムブランドはランチアとシトロエンしかありません。マセラティにはないが、アキュラ、アウディ、ジャガー、レクサス(それゆえトヨタの問題)、インフィニティなどと直接競合し、エンジン(V6)に関しては、マセラティに供給を任せ、シトロエンやランチアの面倒を見るべきだ(アメリカの生活様式、イタリアの生活様式、フランスの生活様式で高級化できるクライスラーを見てほしい)、という類の製品だ。

    • シトロエン、プレミアム?本当にそうでしょうか?マセラティを殺しかけたシトロエン?私たちは、2つの全く異なるビジョンを持っていると思います。やがてシトロエンは、ランチアのように、その歴史の中でいくつかの重要な革新を遂げた「テクノ」のイメージを主張することができるようになる。しかし、当面は、そして数十年は、PSAでは主に「エントリーレベル」のイメージです...。

      • シトロエンは、正統性も歴史もないDSよりも、きっとプレネームのようなもので、フランスでのトップレンジの製品はすべて、プジョーなどではなくシトロエンの下で発売されたのです。
        ランチアにしろシトロエンにしろ、イタリア式やフランス式のプレニアムを世に送り出してきたのは彼らです。
        マセラティを沈めかけたのはシトロエンではなく、当時ランボルギーニと同じように、急いでやって、時にはチューニングもせずにスポーツカーを出していたマセラティ自身が、アフターサービスに行くと......ということなんです。欠席した。
        プジョーがまだ古風なソリューションと格闘していた頃、SM、DS、GSはまさに高級車であり、アフリカや中東が彼らの低価格車を買ってくれたことに感謝している。そうでなければ、205は出てこなかっただろうし、フランス国がPSAにこっそり融資して、彼らの自動車文化が永遠に消滅しないようにしなければ、ライオンはずっと前にイワシ缶行きになったことだろう。
        505や605をはじめ、607がプレミアムカーと言われたのは...その証拠に、海外の505を除けば、どれも機能していないのです。
        お客様の頭の中では(特にそれが顕著な海外では)プジョーが底辺で、シトロエンがフランスの生活芸術ということになっている。
        手頃な価格のクーペでも、プジョーはRCZで大失敗してしまったのです
        一般人にとってプジョーは、A地点からB地点に行きたい年金生活者の車以上でも以下でもなく、さらにはその顧客を...プジョーをルーマニア人(少なくとも本物の4×4を提供する)に売っているダチアに奪われているのです。

    • トナーレのエンジンがアルファの望むものなのかどうかはわからないが、プロのテスターはまず反射的にアクセルを踏み込み、そこで・・・がっかりして、そのことを書いているのである。快適で、防音性が高く、(SUVにしては)ラインがきれいで、広くて、実用的で、欲しいものは全部あるけど、あまりスポーティーではないです。280馬力の4気筒エンジンはアメリカ向けで、電気自動車仕様が救いの手となる。

  6. 一方では、1970年代には、まだ工芸品のレベルであったこの分野では、仕上げの問題はまったく存在しなかったからです。シトロエンは、ギブリとインディを発売して大成功を収めた後、私たちのイタリアンブランドを買収しましたが(彼らは今ほど博愛主義者ではありませんでした)、その後完全に放棄し、信頼性の面で今日まで続くひどい評判を自ら持つことになりました。1993年までブランドを救ったのは、イタリア国、そしてデ・トマソであった。そして、フェラーリが買収の際に改善ポイントを課したのも、決して無駄なことではない......。

    • フェラーリ社の修正点は、フィアット社の要請で行われたものです。マセラティ兄弟が自分たちの子供を売ってしまい、マセラティはフェルッチオ・ランボルギーニの会社経営のやり方で代償を払った(結果は知っている)ため、私たちはインテリア仕上げについて話しているのではなく(70年代にそれがなかったと言えば、他の多くのブランドではそうではなかった)、チューニング、ブランドの名声にまったく及ばない機械的信頼性についてよく話し合っている。
      イタリア国家は、マセラティにしろアルファにしろ、買収が破滅的で、デトマソ時代(シャマルやビトゥルボを持っていた)には、チューニングせずに売って、急いで仕上げたため、ブランドイメージを台無しにする結果になったのです。
      クアトロポルテ4のデザインは非常に複雑で、すべてを設計し直さなければならなかったからです。だからこそ、エボルツィオーネとクアトロポルテ5という名前をつけることの間で躊躇したのですが、この2つは昼と夜のようなものです。

      • トナーレのエンジンがアルファの望むものなのかどうかはわからないが、プロのテスターの最初の反射神経はアクセルを踏み込んで、そこで・・・がっかりして、そのことを書いているのである。快適で、防音性が高く、(SUVにしては)ラインがきれいで、広くて、実用的で、欲しいものは全部あるけど、あまりスポーティーではないです。280馬力の4気筒エンジンはアメリカ向けで、電気式は家具の保存に適しています。ギブリIIについては私も持っていますが、率直に言って非常に良い車です。エンジンも内装の仕上げも、すべてが非常に良い状態で、レストアも難しくはありませんでした。もう月曜日なので、エクセレントウィーク!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。