アバルト500電気:買うべき?

約半年間、発表と注文を受け付ける、 電気自動車であるアバルト500は、全会一致で承認されたわけではありません。

その理由は大きく2つあり、電気自動車がいかに高い 咤咤 のものである。 アバルト とする、 其の値これはガソリン車のほぼ2倍の価格であり、595ガソリン車が25,000ユーロで購入できたのに対し、電気自動車版は43,000ユーロです。

だから明らかに、 アバルト、電気自動車「500」はDNAを尊重すると約束する と、ガソリン仕様と同等、いやそれ以上であることをアピールしている(メーカー側はバロッコサーキットで695より1秒速いと主張している)。

しかし、本当に実利的であるならば この電気自動車アバルト500は、競合他社と比べてどうなのでしょうか?

長さ重量0〜100km/hVmaxオートノミー受賞歴
アバルト500エレクトリックパック154ps3,63 m1400 kg7秒155km/h250km36 900 €
MINI Cooper SE 184 hp3,84 m1440kg7.3秒150km/h234km37 400 €
ホンダE 154馬力3,89 m1588kg8.3秒145km/h222km41 270 €
MG4ラグジュアリー 204馬力4,28 m1685kg7.9秒160km/h435km35 990 €
テスラ3 287hp4,69 m1645kg6.1秒225km/h491km41 990 €

つまり、電気自動車のアバルト500は、テスラ3を除けば、確かに最小、最軽量、0から100km/hまで最速なのだ...。 しかし、何よりもスコーピオニッシマ・バージョンで43,000ユーロと最も高価なモデルです!

私たちの意見では、ミニクーパーSEのレベルで、35,000ユーロから37,000ユーロの間の価格であれば、面白くなり始めるはずでした(それでも...)。

更新:ブランドは2023年5月に新しいものを発表しました。 アバルト500エレクトリックパック 36,900ユーロからこれは、MINI Cooper SE 184hpのすぐ下、MG4 Luxuryの少し上に位置します。

私たちは、今後数年間のアバルトの売上を知ることに非常に興味があります...すでに近年、非リニューアルの範囲のために滅びの状態にあります。新型電気自動車アバルト500が失敗すれば、このステランティス銀河の星が消え去るのを見ても不思議ではない。

売上高
202212800
2021数値制御
2020数値制御
201925000
201827000
201725000
201618000
201513000
20149500
20139000
20128000

好奇心旺盛な方のために、電動アバルト500のサウンドをご紹介します。

コメント

返信を残す
  1. なんて言ってたんだろう。このブランドを虐殺するつもりだ!
    抑えないと、またギロチンを抜くぞ!

  2. そうですね...そのブランドを虐殺されたら...🤔🤔🤔ですね
    彼らは、ブランドが魅力的で客層を見つけることができるので、自分たちをゴージャスにすることができると考えています。ただし、124や、今ではテスラの価格の電気自動車500で、顧客の予算の限界を見てきました。
    カーリトは6,000万ユーロのボーナスを手にした。
    ランチアやアルファの旧車で楽しんでいるのに、電気自動車や1.2ピュアトックに乗るために大金を払えというのだ。

    • 124は、おっしゃる通り、マツダでこれだけのお金を投資しておきながら、途中ですべてを捨ててしまうのは、錯乱して泳いでいるようで、大きな無駄でもありますね!
      6000万円それが詐欺でないなら、なんと呼べばいいのかわからない。

    • しかし、150kmに制限された電気自動車アバルトに45,000ユーロをつぎ込む人がいるのだろうか!
      こんにちは、オストさん?ここは地球だ!決まった!もう着陸しない!自分たちで吐き出すんだ!カーリートに頼んで、地面に広げた5ユーロ札の6000万を念のためクッションにするのを忘れるな!🤣👌。
      ピュアトックビンの後は、お尻に嫌な紐が付きます!😂👎。

      • 誰が?ミニと同じ客層...モナコでは間違いなくたくさん見られるでしょう(特にガレージ・イタリアが用意した)!

  3. ノイズはフェイクかもしれませんが、素晴らしいです。
    アバルト500eは、競合車より少し高価ですが、間違いなくより楽しい車です。
    でも、よりパワフルなアバルト595e(2024年予定)の登場を待ちたいと思います。
    これらの電気自動車の最高速度、150km/hや155km/hはたいしたことはない。

  4. 比較された最初の3モデルだけが同じカテゴリーで、ほぼ同じ価格です。もちろん、極めて高い(500ラ・プリマより7,700ユーロ高い)のだが、フィアットは必要に応じて、特に客層がついてこないことに気づけば、テスラのように下げることも選択できる。結局のところ、500の改造はかなり限定的なものなのですが...。

    • とにかく高すぎるのですが、ほとんどすべてのステランティス製品のように。ステランティスの誰かが言っていたように、安く生産して高く売る、それがステランティスのレシピです。

      • しかし、プジョーやオペルDS、シトロエンの製品とは異なり、フィアット、アルファ、マセラティ、ランチアは象徴的なモデルやデザインに頼っている(1980年代のパンダでさえ、当時キリナーレ宮殿で発表され、2019年にはトリエンナーレで展示される対象である)。イタリア車は単なるクルマではなく、社会の目印であり、コレクターズアイテムでもある。小型車が必要だからフィアット500を買うのではなく、そうでなければヒュンダイi10を買います。マセラティは、大型ツアラーが必要だから買うのではなく、シュコダ・スーパーブを買うのです。プジョーは、208を除けば(それさえも)、それに匹敵するものはない。

  5. カーリートには2350万円、2つのグループを結びつけるのに貢献したマイク・マンリーには5100万円です。
    そうでない場合は、アバルトを購入しても、小型車であることに変わりはないので、bmwのネットワークの恩恵を受けているミニと比較すると高すぎるのです。

    • 特に、150km/hに制限されていることでしょうか。
      正直なところ、フレドさんは45.000ユーロを限定アバルトにつぎ込みたいのでしょうか?

    • アバルトに関しては、ラリー用のビポストタイプの「奔放な」バージョンをリリースするのは明らかです。190psで7万ユーロ...私の記憶違いでなければ、695はコンペティツィオーネバージョンで45,000スイスフランを軽く超えますね。サベルトシートを装備し、最高速度は220km/hを超えるが、アバルトがこの新型車について速度が制限されていることを明記するのは、奔放であることを示すためである。マーケティングの楽しさ...

      • しかし、それを解くのにいくらかかるのだろうか。5000chfか?そんな基本的な値段では済まされない玉手箱がまだあるんです。
        フィアット仕様とアバルト仕様では、かなり差がありますね。

    • タヴァレスは、ボーナスやその他のストックオプションをカウントせずに、1日あたりちょうど64,328ユーロを稼いでいます。

  6. カルロ・アバルトは墓の中でひっくり返っているに違いない。彼はエンジニアや技術者とともに、自動車、特にマルミッタの準備に取り組み、身近な存在であり続けたが、今日では彼らに代わって、音響技術者や電気技術者、財務担当者やマーケティング担当者が活躍している!

  7. Scorpionissimaスペシャルシリーズに続いて、新しいAbarth 500eが登場します。価格は37950ユーロ(500e)、42650ユーロ(500eツーリズモ)です。競合車と比較しても、それほど悪い価格ではありません。黒を基調とし、派手な色彩を抑えた。
    そして、2024年にはさらに多くのモデルが登場する予定です。

  8. 価格について叫び始めた後、パリ西部のディーラーからScorpionissimaの試乗に誘われました...試乗するということは採用するということで、これまでのCassandraの非難をすべて否定して、私はそれを注文しました!5月末まで、3年30.000kmを提供し、私のFを引き継いでくれるそうです。しかし、基本的に、スコプリオニッシマは、都市部や郊外での使用において、運転するのがとてもエキサイティングな車であり、ハンドルを握っていた30分間はとても楽しかったです:信じられないほどの活気、優れたブレーキ、非常に優れた快適性、洗練されたインテリア、「アシッドグリーン」塗装の鮮明なライン...そしておまけに、モンツァの排気音も。というのも、このクルマの基本は、優れた500eに由来しながらも、アバルトのスピリットに適応したものであり、非常に堅実だからです。
    そう、まったく非合理的で、本当におもちゃのようなものなのです。確かに高価ですが、交渉の余地はありますし、Stellantisは打ち上げで販売店を大いに助けています(それがいつまで続くかは分かりませんが)。200km以上の移動には適さないので、2台目、3台目の車として、すべての人に合うわけではなく、高級住宅地の裕福な客層に限定して販売されることになります。しかし、電気自動車が、それもイタリア製のものが、私のような「昔ながらの」愛好家を喜ばせることができるという事実は、この新しく不確かな時代に希望を与えてくれるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です