ランチア:イプシロン、オーレリア、デルタ、ラストチャンスのルネッサンス

1年近く前から制作しています。 ランチア (2024年から2年ごとに3つの新型車を発売するルネッサンス計画を本日発表しました。

この再出発を実現するために、ランチアは既存の(あるいは将来の)ステランティスモデルをベースとし プレミアム・ポジショニング アルファロメオやDSのように。プレスリリースによると、"Premium Luxury "だそうです。ランチアブランドは、革新的な素材、イタリアンスタイル、シンプルで直感的な車載技術で差別化を図ります...。

2024年、新型ランチア・イプシロンが発売されます100 %の電気自動車とハイブリッドエンジンを搭載したBセグメントカーとなる。したがって、プジョーe-208やオペルCorsa-eのいとこということになる。

2026年、100 %の電気自動車「フラッグシップ」オーレリアが発売予定.全長は4.60mで、現在最も大きな自動車セグメントに参入することを可能にすると、これ以上語ることなくランチアは発表しています。おそらく、将来のプジョーe-408(SUVクーペ)の従兄弟が今年発表されるはずですし、プジョー3008の従兄弟でコンパクトSUVの場合もあるはずです。

2028年、新型ランチア・デルタが発売される全長4.40mのこの車は、2023年に発売が予定されている未来のプジョーe-308のいとこである可能性があります。

この3機種で欧州市場の50 %をカバーすることになります。

結局、ステランティスはこの3モデルで、利益を上げなければ生き残れないブランドを救い、2028年以降も他のモデルを提案していこうとしているのです。

これらの将来のランチアモデルのマーケティングについては、100のディストリビューターのネットワークを通じて、欧州の60の主要都市に進出し、オンライン販売の50 %を達成したいとしています。

8 コメント

返信を残す
  1. Cは特に長いです。仮にブランドが復活しても、プジョーバッジの製品になるのでしょう。そして、現在の内燃機関の問題を考えると、自信を持つことは販売の妨げにしかならない......。
    ステランティスが誕生して間もない頃、すでにプジョーという大きな棘があった。
    ランチアには気の毒だが...。

  2. 私の理解では、イプシロンだけが当初はMHEVで提供され、それ以外は100 %の電気自動車となり、内燃機関はありません。どの電気モーターが使われるかは、今のところわからない。

    • 3機種は少ないですね。それでも、近年の空虚さに比べれば、まだましな方です。

      早くこのイプシロンを見て、ランチアブランドがどのような方向性を持っているのか知りたいですね。オペルと同じように、コルサとアストラがプジョーのリバッジにならないことを祈りたい。結局のところ、ランチアとオペルは同じカテゴリーではないので、オペルよりもランチアの方が良い扱いを受けることを常に望むことができるのですDS4はアストラよりも308とずっと違うので、何でもありです

      • 数年という時間をかけて、ブランドを象徴するモデルとの一貫性を持った具体的なデザインを提案してほしい。そうでなければ、時間とお金を失うことになる......。

        • 何が言いたいのか?エコロジスト(フランスでは何も代表しない、かろうじて人口の4.5%)は、欧州議会の多数派という臆病者とともに、民主的な熱自動車を廃止することを決定した。
          100kmあたり3.2〜4リットルのディーゼルを消費する小さなディーゼル車を維持し(軽いハイブリッド車ならさらに良くなる)、もう車には興味がないのです。これは何のためなのか?気候のため、冗談ではないようです。今、ごくわずかに温暖化が進んでいるとすれば、それは間氷期(浮き沈みがある)であることと、地球が人口過密であることが理由です。 800年から1300年の間にすでに温暖化が進み(カロリング朝時代にヨーロッパ文明の中心が地中海沿岸からライン川に移ったのはそのため)、その後1330年から1430年にかけて小さな氷河期があり、ルネサンス時代にさらに温暖化が進み、17世紀末に再び小さな氷河期がありました。いずれにせよ、1万年後には(遅くとも)ロンドンやパリは氷の下にあり、ローマは今のモスクワより寒くなるだろう。IPCCの狂信的なイデオローグたちの予測のばかばかしさを理解するために、ルロワ=ラデュリーのHistoire du Climat depuis l'an mil、より一般的には最後のWürm氷河の研究を読むことをお勧めします。また、電池の生産とリサイクルについては、睡眠時間を削ることになるので割愛します

          • 私たちは同じ状況分析をしているわけではありません。一方では、IPCCのメンバーは「思想家」ではなく科学者であり、私たちが選んだ代表者はほとんど耳を貸さない、少なくとも全く耳を貸さないし、他方では、電気推進モードは「情熱」どころかイタリア車の終わりを意味するものでは全くないのですから。しかし、ルノーは1,600kgの "ファミリー "モデルを出しているのだから、カーボン素材や新世代バッテリーを使えば、もっといいものができるはずだ。また、狭い508を売るのではなく、車内のスペースを最適化し、タバレがスケールメリットでUConnectシステムを破壊しないようにし、オペルのようにフォーレシアの部品を使用せず、醜い色やくすんだ色を避け、座席のオプションをほとんどつけないなど、インテリジェンスが必要であろう。アウディのような角ばった気の利かないデザイン(手作業で組み込まれた巨大スクリーンはNG、HUD万歳)ではなく、流行に左右されない流麗なスタイルと適度なホイールサイズ(最大18インチ)、それらを統合する調和のとれたボディワーク(ボンネット下のフランク、うまく配置されたソケットなどを考える)が好まれるのです。そして、ランチアにとっては、最前線に戻る大きなチャンスでもある。

          • 気づいているかどうかわかりませんが、排ガス規制が尊重される中、ここ数十年、明らかにパワー不足のアルファが見受けられますし、シンプルなID.3もジュリアのように後輪に200馬力を送り込み、猛然と加速しています。トナーレは、70ps少ない前輪駆動でスタートします。ツインターボの挙動を電子的にシミュレートすることも可能なはずです(偽音なし、ありがとうございます)。うまくやれば、非常に信頼性の高い、楽しいモデルを作って第一線に返り咲くことができますが、下手をすると中国のライバルの前に完全に姿を消してしまうこともあるのです。アルファには、ドライビングプレジャー、イタリアンスペシャリティ、そしてブランドが知っている独占的でローカルなパートナーという選択をしてほしいと思います。

  3. 2022年7月のフランスの最高気温には、天文学的な説明がある。太陽サイクル(11年、800年)が働いている...自動車によるCO2排出は逸脱している。

     "2022年7月19日15時15分に7月15日から始まった突然の太陽フレアにより、大量のコロナ質量放出が発生しました。地球に向かって直進している。現在11年周期で続く、太陽の激しい活動。

    - 要するに、内燃機関自動車を廃車にして、高価な電気自動車を売ろうとすれば、良いビジネスになるのだが、残念ながら、ここ2年ほど新車の販売台数は激減している。みんな本当に待ち望んでいるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。