マセラティ、レース復帰に向けた「MCエディション」シリーズを発表

トライデントのメーカーは、特別仕様車を惜しまない。 マセラティ MC Edition」シリーズを発表 という、ブランドの競争力回復に向けた取り組みを行っています。 フォーミュラE.

MC、マセラティ・コルセのために.この名前は、イタリアのブランドを象徴するものです。この頭文字は、マセラティMC12、マセラティ グラントゥーリズモ MCストラダーレ、そして最近ではMC20に採用されている。マセラティのパフォーマンス部門のシンボルである。

そこで、このブランドが競技に復帰するとき、すなわち2023年のフォーミュラE。 マセラティ、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテのMCエディションシリーズを発表.

このMCエディションは、V8エンジン搭載モデルにのみ設定され、トロフェオバージョン(すでにカタログに掲載)のようなものですが、新しいカラーが採用されています。 Giallo CorseとBlu Vittoria。

価格 ギブリ、レヴァンテ、クアトロポルテの価格は明らかにされていないが、トロフェオ仕様に近いとすれば、ギブリが14万ユーロ以上、レヴァンテが16万ユーロ以上、クアトロポルテが17万ユーロ以上となる見込みだ。もちろん、エコロジー・マルスは除く

このMCエディションは、他とは違うマセラティを手に入れたい人にこそ、お勧めしたいモデルです。.コレクターズアイテムになることはないのでしょうか?何とも言えませんね。でも、マセラティでV8エンジンが消えるんだから...いいじゃん、いつか...内燃機関の運転が許されなくなるんだから🙂。

コメント

返信を残す
  1. コンペティションに戻る?
    個人的には、コンペティションに戻るとしたら、ル・マンですね。そして、PSAが決定するように、ル・マンではプジョーが、フォーミュラEではマセラティが

    • フォーミュラEはまだチャンピオンシップですから......その後は、数年後の結果次第で、各ブランドがそれぞれの競技においてどのような位置づけになるかを見ていくことになりますね。別の記事で述べたように、フォーミュラEは非常に現実的な選択です。

  2. 極上のグランドツーリングセダン。環境保護主義者が自動車産業を殺しているのだから、拍手を送るべきだろう

  3. ステランティスは、フィアットと同じように、FCAと同じように、過去の名声を持つイタリアのブランドを殺すという目的は変わらない。
    結局、イタリアでは、フェラーリとランボルギーニだけが面白い。フィアットとプジョーに縛られている人たちは、決して卓越した存在にはなれないのです。
    パガーニを脇に置いたのは、このメーカーをブガッティやケーニグセグと同じように見ているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です