アルファロメオ MiTo フェーズ3テスト:1年半と3万km、レビューに乗る!?

アルファロメオMiToは、2008年に発売され はそろそろ退場 10年のキャリアを積んだ後、数ヶ月で。その特殊な外観で人々の記憶に残るクルマ。私たち夫婦も所有しています。

この機会に、小さなイタリアン・ノミが旅立つ前に、写真レポートという形で評価をしてあげましょう...。

一目惚れのきっかけ

私にとって、MiToは 色男イタリア人だけが習得した鉛筆のストロークを持つ車だったのです。友人にとっては、ただの車の一台に過ぎなかった。私はイタリア車のファンです。彼は特定のブランドに執着しているわけではありません。また、クロームバーグリルのプレスタイルや、フロントライトのブラックリング、スポーツホイールなどのアクセサリーは、昔も今もあまり好きではないそうだ。

で 2016年12月友人が車(シトロエン・サクソ フェーズ3)の乗り換えを考えていて、新車かほぼ新車の購入のために貯金箱を壊そうとしたとき、すぐに目についたのが アルファロメオ MiTo ホワイト、リスタイリングバージョン ブラックハニカムグリル付, ブラックハニカムグリル付 走行距離わずか100kmイヴリーヌ地方のFIAT-ALFA-JEEP販売店の前に展示されている。テストは受けるが 一目ぼれさんはもう 彼のために、私のために。 贈呈品.彼はそれを望み、私たちはそれを望む。私たちはそれを受け止めています。乗ってください、旅が始まります...。

スタイル?まだまだ飽きない!?

MiToのスタイルは 異色作.デザインも秀逸です。フロントでは、丸いダークグレーのライトが秀逸です。と組み合わせることで V字型グリル というのが、このブランドの特徴です。 くろはちみつ を提供するのは、同年12月に入手した時点で、当時6ヶ月、走行距離100kmしかなかったこの2016年6月モデル。 洗練された、とてもエレガントな外観MiToは、魂の抜けた独仏のムーヴメントとは一線を画すクルマです。MiToは、見ればわかる、見ればわかる、他とは違うからこそ魅力的なのです。イタリア製であること、それが私にとってのすべてです。

また、小さなディテールも、このモデルの自然なエレガンスを高めています。このクルマに惚れ込んだディテール。 16″マルチスポークアルミホイールスポーツリムが合わなかったのか、それとも クロムミラー という、ボディワークとのコントラストが特徴です。はもちろんのこと リモートプレート アルファらしい側面と、他のモデルのようにクリーム色に沈むことのないホワイトカラー。これは ビアンカo アルファ.最後に、これも 新ロゴアルファロメオが最近発表した、色彩を抑えたエレガントな新型モデル。

横から見ると、コンパクトでスポーティでありながら、示唆に富むその姿は、今も私たちを魅了し続けています。芸術作品は、人を魅了するために作為を必要とせず、それ自体で成り立っている......。 一枚窓 そのため、「この人なら大丈夫」「この人なら大丈夫」と思えるようなものを作ることが大切です。上品で、スポーティで、それがアルファ。

背面には 小型丸型LED照明 は、いつの時代も変わらない。美しさは、リムに10年分の設計を施していますが 年がいもないフロントと同じクロームメッキのリングが、全体をより繊細に仕上げています。ガレージでライトアップされていても、ノルマンディーの田園風景の中にいても、都会の中にいても、以下のように、このクルマはとても目立ちます。 めはなだち とその 彫刻的な線あらゆる角度から

所有し始めてから1年半経った今でも、すぐにその車に飽きてしまう人がいる一方で、私たちは、雨天の駐車場で、あるいは美しい春の日差しの中、ロマンチックに散歩した後の空き地で、他の車の群れの中にあっても、一人で自然の中で、ギリシャ像のように露出したその車を見つけると、今でも、思わず叫んでしまうのです。 "彼女はとても美しい!" 本能的で、情熱的なんです。飽きないんですよね。そう、私たちのMiToを見つけるのです。 いつも通り ベリッシマ 最初より

中? いい感じです(欠点もありますが・・・)。

一緒に中に入りましょう。

2016年12月に購入した際、すぐに気に入りました 総体的な質.15年前のサクソを乗り継いできた私たちには、その勇姿といい思い出といい、とても太刀打ちできないと言わざるを得ません。水戸では、当初から優勢だったのは 包囲感.まるで繭のように、すべてがパッドで覆われているようで、正面の窓から4メートルも離れているように感じるほどです。インテリアデザインに魅了され 素材の質はいつも良い。


四方八方から
というのも、悪気はないのですが(断言します!)、A1の製造品質が私たちのMiToの製造品質より優れているとは思えなかったのです。組み立ての精密さではドイツに軍配が上がるとしても(ただしその差はミリ単位)、アルファが異なる素材を用いてパッチワークのような印象を与えるのに対して、統一された素材を提供していることが何よりも視覚的な質感に寄与しているのである。A1のプラスチックに関しては、ダッシュボード以外では硬く、空洞のような音がします。ここでも、隅々まで見ないほうがいいのです。では、MiToに恥ずべきことはないのでしょうか?私見では、ノーです。根源的には、そうではありません。

しかし、A1は今回のテーマではないので、ミラネーゼに話を戻そう。L'ダッシュボード上部のコケのような外観部屋の中央に配置された波型のセンターコンソールは、やはり気持ちのいいものです。 傷に強い (とにかく割と慎重にやっています)。ドアジャムも同様です。があります。 丸型エアレーター4人のデザインは、いかにもアルファらしいし V字型グリルを彷彿とさせるスタイルの新型ステアリングホイール の代表的なブランドです。とてもいい感じです。

私たちが持っているMiToは 為し終える スーパー は十分に用意されています。 このように 便利な設備がたくさん MP3 CD ラジオ(USB および 6 HP Aux)、ステアリング・ホイール・ラジオ・コントロール、タッチスクリーン、ヒル・スタート・アシスト、リバース・レーダー、電動式ヒーターミラー、デュアルゾーン自動空調、ランバー調整式フロントシート、電動ウィンドウ、レザーステアリング、ドライバー膝用を含む多数のエアバッグ、ESP、フォグランプ、自動ヘッドライト・ワイパー、シートベルトセンサー、クローム・エキゾチック...など。

その他、Stop&Startシステムなど、あまり役に立たないものもあります 私のパートナーはこれを好みません(彼はエンジンに良い影響を与えるよりも悪い影響を与えると考えています)。 クルーズ・コントロール (彼はほとんど作動させず、自分で運転することを好みます)。そして、そう、アルファは走れるのだ!また、私たちは 一度もCDを使わず私たちの音楽は、MP3やUSBで再生されます。

最後に、以下のような素敵なディテールがあります。 運転席シートマットにアルファロメオのロゴをフルカラーでリマインダ表示 または センターコンソール上のブランド名タッチスクリーンの上 またはドア底に.

一方、シートは包み込むような形で特に骨盤内 を見つけたが、私の仲間はすこし短めのシートこれでは長時間の移動は疲れる。があります。 ドライビングポジション でございます みつけやすい.数回しか運転したことがない私(ピンクの紙を持っていても公共交通機関しか利用しない多くのパリジェンヌの特徴で、残念ながらほとんどハンドルに触ることがない)としては、フープの後ろに乗るとドライビングポジションがわかりやすいと思いました。

一方、私は99%の割合で乗客として、このシステムを利用しています。 雨戸の構造が悪い。 バックドアの肘掛けに腕を乗せても、あまり役に立ちません!低すぎるんです。窓の近くのドアの上部に置くと、非常に高いボディラインのため、デザイン的には完璧だが、内部では拷問、助手席の右腕をどこに置くか、頭が痛くなる。だから、私は左腕を中央のアームレストに乗せるのが好きなんですもちろんドライバーの邪魔にならない程度に・・・また ドア、大型、重量アール 始末が悪い と安定させるための振幅の按配が悪い。駐車場が坂道なので、降りるときに足元にドアが落ちやすいあざに注意!

について一言。接触画面 多くの機能を扱うロゴの外観のためにカラーになっていますが それ以外の時間は白黒でを、赤のディテールで表現しています。あまり気にならないが 前時代的 一部の技術者向けラジオ局やその他のメニューオプションを使いこなすのは、関係するドライバーによれば、かなり簡単なことです。個人的には、MP3やUSB経由の音楽の方が気になりますね。 音は良い とのことです。 指令 アール かなり直感的です。 もっと辛いのは USB接続検出時間がかかる。 一刻を争う と、真空中で回転するスクリーンを残す。スピード感に欠ける。同様に、音楽フォルダのサブメニュー、あるいはサブサブメニューにいるとき、一回で戻るボタンが使えないので、メインフォルダに戻る必要があることもあります。よくある悩ましいディテール!

人生についての一口メモ 後方 をすべて同じにします。そこにいてくれたから。 きもちいい 矢張り けど 閉所恐怖症の人は、私たちの友人ではないのです。 窮屈感 フロントシートの堂々たる風格、サイドウィンドウの小型化、コンパスによる開口部もないことなどが、その理由です。しかし アクセスは容易.80歳近い祖母も楽に後ろに座れ、窮屈な思いをすることはありませんでした。 足回りの良さは健在 とのことです。 ひじ幅.にもかかわらず、MiToは依然として このクルマは主に2人乗りで、スペースに不足のないフロントに座るように設計されています。リヤドアは、中央のアームレスト(腕の下にぴったりと収まる)や中央コンソールの下部と同様に、あまり広くはないものの、十分な収納スペースを確保しています。 十分である。 しかし、チープなディテール、それはグローブボックスです。 とんでもなく小さいし、脚のせいで大きく開かないし、閉じると鏝で仕上げたようで、他のダッシュボードと馴染まない。

に関しては からだ週末や休日に、私たちの荷物を機内に持ち込んでくれるのです。それは 270リットルキューブこれは優等生的な価値(Miniより多く、208より少し少ない。比較のため、クリオキューブ300l)。その一方で、そのスタイルの代償として 井の中の蛙大海を知らず を持っています。 ハイローディングシル.重い荷物を降ろすときは腰部に注意し、車体にも傷をつけないように気をつけましょう。かなり残念なことに、その ベンチシート でございます モノブロック.まあ、後席をたたむ回数が少ない割には、ベンチごとたためるので、シートが分割されていれば、全部同じようにたためたのでしょうけど。でも、少なくとも60/40や40/20/40のシートは、私たちにはない選択肢を与えてくれるものなのです。

エンジン?走っている!

2016年6月のMiTo Super trimは、搭載されています。 1.4 MPI 78psエンジン.すでに一部の人たちからは怒りの叫びが聞こえてきます。どういうことですか?でも、アルファに乗ったら、エントリークラスのエンジンは乗らない!不相応なんです!そして、彼らはアルファを愛していると言っている。このエンジンには、いくつかの理由があります。

- 一目惚れは、権力云々の前に美学だった。

- 私たちの予算では、この小さなエンジンを積んだ新車かほぼ新車のMiToか、よりパワフルなエンジンを積んだが燃費の悪い車か、単純に購入価格が高い車のどちらかを選ぶというシンプルなものでした。それは不可能だった。

- よりパワフルなエンジン、もちろん良いのですが、私もパートナーも若いので。銀行員も、保険会社も、免許証も、それに従わなかったかもしれない。

- 高速道路を130km/hで走行することや 90 二次道路で80は十分です。ペリショーネのハーピーが先導する道路上の神聖な死亡率の名の下に少なく、少なく運転し、すぐにスクーターで、あるいは逆で運転する(死者を生き返らせるためか?

この1.4MPIについて、私たちは何を語ることができるだろうか。

まず第一に。 じっさいに初めてボンネットを開けたとき。 とても小さいと思いました。 ボンネットにはまだ余裕があるようで、2基のエンジンが搭載できそうです。そうそう、一列に並んだ大きなV6とは縁遠いんですよー。

外出先では、仕事をこなす。 柔軟性があり、効率的で、非常に注意深い仕事ができる。もちろん78psで。 雷じゃない (友人曰く、「78馬より78子馬」だそうです)。しかし、フランスでの限られた速度ではこれで十分であり、さらに 秤のみ.その一方で レース中、追い越しのために発進するとき、歌姫はなかなか自分のペースをつかめない。 と思ったら、すぐに後ろから猛スピードで迫ってくる強力な車両に捕まってしまう。しかし を安定した速度で、問題なく使用できます。 をすればいいのです。 時々、遠慮なく鞭を打ってください。

外出先で、車 は、どちらかというと防音性が高い (たとえ、競合の方が完成度が高くても)。加速が光速でなければ、クルマは。 ふんじょう.消費量に関しては、走行距離100kmと少ないところからスタートし、かなり高い消費量となりました。 45Lタンク450〜500kmしか走ってないんですよ。そのため、頻繁にガソリンスタンドに立ち寄り、酒を飲むことになった。であった。 当初は平均10L/100km! 友人はよく文句を言っていましたが、私は「慣らし運転は必要だ」と言いました。

今日は 30,000km走行後 (1年半で、そうですね、多いですね!)、実施します。 満タンで650kmまで走行可能です。 のどちらかです。 平均消費電力 約7L/100km130km/hの定速走行では、平均6.3Lです。 走行距離からしてディーゼルの問題が浮上する可能性はあるが、見切り発車である。プジョーにふさわしいファームトラクターの音は、私たちの車にはないのですたとえ、ポンプに行く回数が増えたとしても。いずれにせよ、高い購入価格、高い維持費、(多すぎる)部品による数々の故障、そしてディーゼル疑惑を考えると、私たちは正しいことをしたのだと思います ビバ・ベンツィーナ !

サウンド面では、バカにされるのを覚悟で。 音がいいんです もう、「えっ、78馬力?何の冗談だ!"なのに、肯定してしまう。を作るのです。 ラリーカーのサウンドを再現します。 窓を閉め切った室内では気づかないことが、屋外ではとても目立つのです。発進時はもちろん、旋回させたときにも、その場ですぐに 70年代のスポーツカーを彷彿とさせる雰囲気 私たちが特に好きなもの。 わずかなハム音、ドタバタする排気音.代わりに以下のビデオをご覧ください: https://www.youtube.com/embed/gMl9YHv0Urg?feature=oembed&wmode=opaque

があります。 最高速度 がついています。 200km/hの場合 をメーターに表示させることができますが、注意が必要です。 まだ175km/hまでしか乗っていません。 というのは、すでに禁止されていることなので、納得していただけると思います。でも、しっ、何も読んでないでしょ!?

普段の生活の中で 小型のものは手軽で運転しやすい が、そのため、注意が必要です。 ボディワーク でございます 曝け出す !それ以外の場合 馬具が心地よい が、その 停止 でございます 少々乾いている バンプ上と くせがある.また、フロントスポイラー下の黒いプラスチック製の長いマッドフラップは、ちょっと急ぐとこすれてしまうので、スピードバンプに近づくときは歯を食いしばって(お尻も!)対応しなければならない。柔らかさ、繊細さ!・・・。

最後に 5速機械式変速機 ミッションの達成と このエンジンと相性が良い.それは 評判が悪い であり ひゃくれん.一方、2速でレブカウンターの下をピックアップすることは期待しないでください。ディーゼルじゃないんだからさー。スムーズな運転だけでなく、きびきびとした運転もする場合。 路面追従性が高い。直線でもワインディングでも、その性能を発揮します。 常時安全フロントエンドは重いまま と リアもひるむことなくついていく。 ラウンドアバウトに入るとき、タイヤは舗装路に釘付けになったままです。リヤで歌ったり、ドリフトしたりすることは期待しないでください。フロントが少し軌道を広げる傾向があっても、車は接着されたままです。

貸借対照表

結局、1年半の担当を経て、明らかになったことは 私たちはMiToを愛しています.愛着が湧くのです。美しく、好ましい。 通り過ぎるときに見られているのが感じられる。.C3で試して見てください

確かに、最も技術的に優れているわけでもなく、最もパワフルで最も効率的でもありませんが、装備は非常に充実しており、規制速度に対して十分で、快適で安全です。

なによりも。 がついています。 どんなに優秀な人でも、他の人には決してできないこと、それは「美しい」、「間違いなく美しい」です。イタリア製で、車には 霊と心.時々、彼女の目に小さな輝きを見ることができます。愛着が湧き、一体となる。裏のデッキで相手をしてくれる、黒い瞳に白いワンピースの小さなぬいぐるみも、彼女のようになりたいと思っている、それくらい......。

私たちは、MiToの良さだけでなく、(小さな)欠点も含めて、MiToを愛しています。私たちのMiToは、まさにアルファビュラスです。

コメント

返信を残す
  1. 2010年のQVバージョンで、アクティブサスペンションを搭載した素晴らしい車と素晴らしい思い出です。
    ファミリーカー、大人2人、子供2人、犬1匹、そう、私はサルーンカーはもちろん、SUVも嫌いで、大きな車は1年に355日は使い物にならないと思います。
    A1との比較も同じ意見で、叔母が所有しているのですが、中に入ってから爆笑してしまいました。プレミアムトリムってなんだ!
    ブーツは深さがあるので、目一杯詰め込めるのがいいですね無駄なスペースがなく、すべてが落下して壊れるローロードシルとは違うのですそして、ちょっと体を動かすといい運動になりますよ。
    しかし、まあ、アルファーの冒険の終わり、その馬鹿マルキオンネのおかげで突然ブレラ、159、Gt、ジュリエッタ、ミトの開発を停止することによって、範囲を台無しにしたことによって、進化を作ることができないことによって 4C.
    ランチアの次にアルファが消えるとは、このブランドはどうなっているのだろう。フィアット、ジープ、アバルト、そしてなぜかDSに侵略された展示会場の真ん中で決闘するのは、このブランドが信用のかけらを見つけるための2つの未来のSUVではありません。決まりましたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です