フィアット、南米市場向け「ファストバック」を発表

今から48時間前、2022年8月3日のことである。 フィアットは、当面の間、南米市場向けの新型クーペSUV、その名も「ファストバック」の画像を初公開しました。

この新しいSUV(もう一台!)は、フィアットにとって重要なステップとなるもので、その象徴となるものです。 漸進的な高級化 パルスの上に位置し、ブランドとしては前例のない新しいタイプのボディワークを採用しています。

ラテン系らしさを失い、ドイツ化、プレミアム化する傾向があるのは否めない。リアライトは、同じく「SUVクーペ」であるBMW X4や、非常にバロック的なBMW 2シリーズ・グランクーペを彷彿とさせるものです。

美的にも、ボンネットはパルスより高く平坦で、翼は広く、側面は彫刻的である。 ファストバックは、比較的ダイナミックな印象を与える見た目には少し小さいと感じるホイールでも...。

エンジン、仕上げ、寸法、価格において。 パルスの上にファストバックが乗っています。 また、少し前のコンセプトで触れたように、ファストバックはトロをベースにしているのではなく、昨年発表された新しいBセグメントSUV、パルスから美的インスピレーションを得ていることも特筆すべき点です。

ファストバックは ステランティス・グループの南米向け新ターボエンジン2種:3気筒1.0(120ps/200Nm)、4気筒1.3(175ps/267Nm.

4 コメント

返信を残す
  1. ライトやリアエンドがレクサスにかなり似ているので、ドイツ化ではなく、アジア化したのでしょう。

  2. マツダのグリル、失敗したホイールアーチ...プロポーションに合うものがない、本当にデザイナー(BMWを含む)にとって複雑な時代ですね。

    • こういうクルマこそ異常で、シトロエンやプジョーとはホラークラブの仲間入りです。
      今、メーカーが何を吸っているのか知らないが、暴力的だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。