マセラティ・ギブリ:2024年にゲームオーバー

マセラティ・オーストラリアのマネージング・ディレクターであるグラント・バーリングは、インタビューの中で次のように述べています。 マセラティ・ギブリは、2024年に世界市場から姿を消す。.があります。 V8ツインターボ はまた、この機会に いなくなる.

このように計画されています。 現行ギブリとクアトロポルテを統合し、1台のサルーンとして発売 を、両方入れ替えました。があります。 未来型クアトロポルテただし、第7版では 現行モデルよりサイズとホイールベースが短いため、ギブリに似ている。これにより、現行のリムジンと比べて、サイズ的にはワンランクダウンすることになります。

次期クアトロポルテ(2025年計画)が、特に(独占的に? 100%電気将来のレヴァンテのようにね。

2013年に登場した現行ギブリが直面しているのは セダン市場の減速 とSUVの魅力に迫ります。

続きはこちら...

5 コメント

返信を残す
  1. 将来のクアトロポルテを短くすることは、ステランティス社の大きなミスであり、顧客が許さないかもしれないからだ。
    現行クアトロポルテのデザインがホイールベースや室内空間の点でタラレバフロントデザインであっても、ドライバーの運転が多い(私はよく知っている)ので、購入するお客さんはこういう商品を求めているのだから、我々は完全に錯乱状態で泳いでいるのである。🤨

    • 電動プラットフォームを採用することで、車内空間を狭めることなく、全長を短くすることも十分可能です。ホイールベースの縮小は確かか?

      • どんなデザインになるのか、想像がつきません。リムジンに2つのディメンションがあるなんて、想像もつかない。どのブランドもそうしているのだから、マセラティがそれを奪われる理由がわからない。そうすれば、より幅広い客層にアプローチでき、何よりもこの種の製品に傾倒する人が増える。その結果、経済的マージンが生まれるのは言うまでもない。

        • ギブリは全長5m、全幅2mだから、高ささえなければ、いいクルマをデザインする余地は十分にある...もしかしたら、もっと長い中国版が存在するかもしれないが、それでもクアトロポルテVは幅も長くなく、とても優雅だった(映画『インタシャブル』でもむしろ評価されていた)。

  2. クアトロポルテ5にはひとつだけ黒い点があり、それは高性能バージョンであるベースバージョンの隣にロングバージョンを用意しなかったことで、販売はもっとうまくいったはずです。XXL版を高く評価するのは中国人だけでなく、バックで気軽に散策したい幅広い層のお客様です。ギブリの大きさ、リアの広さを見ると、その世界にはいない。マセラティのように何十年もリムジンのスペシャリストとして活躍してきたメーカーにとっては、2つのバージョンが必要不可欠であり、Lバージョンは、この種の製品にすぐに愛着を持つ顧客を獲得することができ、さらに、このバージョンに追加することで、年代順にならないポートフォリオを持つことができるのである。クアトロポルテがもっと売れないとしたら、それはこういうことなのですが、それを理解するには、個人的なニーズでショートバージョンを買い、イメージでロングバージョンを買う(プロのニーズとリンクする)このタイプのお客さんに接しなければなりません。Lは、メルセデスやジャガーが何十年も前から証明しているように、この種の製品の理想的なショーケースである国際機関、大使館、領事館、外交団に十分な製品を提案できる利点があることは言うまでもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。