新型電動アバルト500:刺すような価格!

提供:アバルト

これだ!アバルト124以来、何年も新型車がなかったスコーピオンブランドが、ついに新型車を発表します。しかも、なんと電気自動車です!だから 電気式は電気式でもいいのか? アバルト ? 決めるのはあなたです。

話は戻るが、2020年に電気自動車「フィアット500」が発表されたとき、最新モデルをすべてフィアットのものをベースにしているアバルトが、いつか用意された電気自動車「500」を発表するのではないかと考えたことがある。そしてこの情報は、フィアットとアバルトのブランドを統括するオリビエ・フランソワ氏によって、2024年に新型アバルト100 %を発表することが正式に発表されたのである。

ステランティスグループの財務体質が良好であることが奏功したのだろう。 は、予定より1年以上早く、本日発表されました。 創業者が「...」と言っていたブランドにとって、まさに挑戦です。 日曜日はサーキットで、月曜日は会社で ".

現行の500エレキをベースにしています。 アバルトは、そのために小さなフィアットを「準備」しました。 小型スポーツカーに変身させるために

  • フロント57 %、リア43 %の重量配分を改善しました。
  • 電気モーターの出力は、118psから155psに向上しています。
  • ホイールベースは60mm、全長は24mm拡大。
  • トルクを220Nmから235Nmに変更しました。
  • 3つの走行モード:Turismo、Scorpion Street、Scorpion Track。
  • の重量は、電気自動車であるフィアット500と同じく約1400kgにとどまります。
  • 航続距離が約320kmから約250kmに短縮。
  • JBLオーディオシステム。
  • アバルトの「咆哮」を再現するサウンドジェネレーター。

同ブランドによると、おかげさまで。 電動アバルト500は、アバルト695よりもレスポンスが良く、性能も優れているはずです。 0〜100km/h加速時(7秒)、20〜40km/h加速時、40〜60km/h加速時、そして最後にバロッコサーキットで695を1秒上回ったことである。

アバルトの特徴でもあるデザイン面では、電動500からの変更点は以下の通りです。

  • スポーティな新型フロントバンパー
  • スポーツサイドスカート
  • リアディフューザー
  • 18インチアルミホイール
  • フロント&リアディスクブレーキ
  • スポーツスポイラー

アルカンターラのスポーツシート、アルカンターラのダッシュボード、3本スポークのスポーツステアリングホイール、ドアパネルとセンターアームレストのステッチなどが新たに採用されています。

電気自動車「アバルト500」の予約受付を開始しました アシッドグリーンとポイズンブルーの2色で、クーペは43,000ユーロから、カブリオレは46,000ユーロからです。2023年春に最初の納品。

正直に言うと、この電気自動車500をスポーツカーとして用意するために、ブランドは最大限の努力をし、それはかなり成功したと言えるでしょう。

バッドサプライズは、刺すような価格これは、従来の燃焼式バージョンより15,000ユーロ近く、電気式のフィアット500より10,000ユーロも高いものです...

コメント

返信を残す
  1. 重量は500eと同じですか、それともカーボンやアルミのパーツで最適化されていますか?それとも、例えばモデルを生かすために、これらのことが後からトルクアップしてくるのでしょうか?この値段で電動は贅沢だとわかっている。最後に、ノイズについては、私は嘲笑の多くを読んで、一方では、それは無効にすることができますが、また、低音とスマートフォンのマイクロスピーカーではなく、実際にそれを聞く必要があります...。

  2. それ以外の素晴らしいニュースは、1年前!天下のランチアさん、一刻も早くデルタエボルツィオーネを電動で復活させてください(・∀・)イイ!大トルクサンクス、210馬力サンクスで!

  3. 一方では小型スポーツカー(アバルトファンがついてくるかどうかわからない)、他方では電気自動車(他のモデルは同等の価格で同等かそれ以上の性能)としては高い価格設定だ。要するに、どんなポジショニングで、どんなマーケットで、どんな顧客なのか?

    • 500eは先月、欧州で3番目に売れたEVで、フィアットの新車としてはブランド史上最も高価であるにもかかわらず、好調な売れ行きを示しています。チャンスは一つ、競合モデルはアイコンとは程遠いですが、バッジに本当にふさわしい振る舞いをしなければならないでしょう。

  4. 電気自動車は価格からして贅沢品という印象がありますが、実際はディーゼルと同じか、ガソリン車より少し安い程度です。
    SUVは、コストが高い割に、高騰していないバリエーション以上のものを提供しないので、贅沢品です。それでも、販売の2台に1台はSUVなのです。LOAも贅沢なもので、新車のファイナンスとしては最も高価なソリューションでありながら、4台中3台が売れているのです。ラグジュアリーは、逆にお客さまを怖がらせるものではありません。

  5. 内外装とも非常に魅力的なのですが...配合の魅力に疑問があります。性能は、同じくシティカーとしては極めて活発な500e(同トルク、同重量)とそれほど変わらないかもしれない(ノーマルモード、レンジモード時)。そして何より、航続距離250kmというのは、現実にはもっと少なくなることを承知の上で、非常に限定的である。実際には、500eで320kmを一気に走ることは厳密には不可能だ(せいぜい、速度を80km/hに制限してエアコンなどのアクセサリーをオフにしたシェルパモードで280~290kmに到達する程度...実際には、電池が完全に消耗する前に常に余裕を持っておく必要があると知っていれば、220km以上の距離を走れるだろう)...だから、170/180kmの「使える」(電気ミニと少し似ている)、つまり都市部での使用から抜け出せないと予想されるのです。そしてこの場合、最も豪華なバージョンである「ラ・プリマ」の500eとの違いは、「スポーティ」な外観を求めることを除けば、正当化されるものではなく、500eはいずれにせよ、実際には評価できる、より良い航続距離を持つことを知っています。

  6. 私はリースを変えている最中ですが、PHEVとBEVでは、どのメーカーの燃焼式自動車と比べても、平均で1万円は得をしています。電池のおかげです。だから結局、アバルトが4万円以上するのは、ターゲットとしては高すぎると思っても不思議ではないんです...やっぱり500Eはよく売れているんですから...。

    • 購入したBEVで5万km走れば、1万円のプラスはペイできます。それを超えると大きな節約になります。BEVを手に入れたら、近所の人が氷を削っている間、暖かく除氷された車がどんなものか教えてくれるでしょう😉。
      とはいえ、リースなのに価格の話をするのはどうかと思うのですが?

      • 同じような定価でもphevやbevのリース料はかなり高いので、いくつかのメーカーで月々100€の差がありますね。また、ガソリン・ディーゼル時代と比べると、フェブ / ビブでの割引率は低くなっています(あるいは、存在しない)。

        • 月100ユーロは満タンにするほどでもないでしょう。もちろん、月間の走行距離が1000km以下の人にとっては、何の節約にもならない。
          (環境ペナルティを回避するために使われるだけのPHEVのことではありません)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です