ル・マン・クラシック2022:イタリア人の参加と楽しむためのヒント

ePhoto Le Mans Classic - Peter Auto - Copyright Mathieu Bonnevie.

第10回を迎えるル・マン・クラシックは、今年6月30日から2022年7月3日まで、24時間レースの神話的サーキットで開催される予定です。2018年版に引き続き、COVIDの関係で2年延期になりましたが、今回も参加します。

2018年は195,000人の観客を動員しました。尊敬するクルマ好き、時には世界中から。

巻き込まれたイタリア人女性たち

今回の2022年大会では、約500台のエントリー車両のうち、イタリア勢の活躍が目立ちます。私の好みからすると、マセラティには少し物足りなさを感じますが!そして、ここには、競争におけるアルファロメオの位置づけも見えてくるのです。選ばれたのは、1923年から1981年までのル・マン24時間レースに参加したモデルです。

ちなみに、1-2-3-4ステージでは、1925年から1969年まで行われていたヘリンボーンスタートが採用される。その他の高速ステージは、ローリングスタート方式でスタートします。

トレイ1

  • アルファロメオ 8C 2300 LM 1931年
  • アルファロメオ 8C 2300 ザガート ル・マン 1934年
  • アルファロメオ 8C 2300 MM スパイダー ザガート 1932年製
  • アルファロメオ 8C 2300 1932年製
  • アルファロメオ 8C 2300 モンツァ 1932年製
  • アルファロメオ 8C 2300 LM 1931年
  • アルファロメオ 8C 2300 モンツァ 1934年

トレイ2

  • 1953年 フィアット 8V
  • 1953年 マセラティ A6GCS スパイダー
  • アルファロメオ ジュリエッタ SVZ 1957年
  • ランチア オーレリア B20 1953年
  • ランチア オーレリア B20 1956年
  • 1953年 フェラーリ250MM
  • 1955年 マセラティ 300 S
  • 1958年 オスカ マセラティ750スポーツ

トレイ3

  • フェラーリ 250GT SWB 1960年
  • 1961年 フェラーリ 250GT SWB
  • 1961年 フェラーリ 250GT SWB ブレッドバン
  • アバルト・シムカ1300 1960
  • 1962年 アルファロメオ ジュリエッタ SZ
  • フェラーリ250GTベルリネッタ 1960年
  • 1962年 フェラーリ 250GT SWB
  • 1962年 アルファロメオ ジュリエッタ SZ

トレイ4

  • アルファロメオ ジュリア TZ 1965年
  • アルファロメオ ジュリア TZ 1964年製
  • フェラーイ 250GT 1964年
  • フェラーリ 250 LM 1965年
  • アルファロメオ ジュリア TZ 1964年製
  • アルファロメオ ジュリア TZ 1963年

トレイ5

  • フェラーリ 365 GTB 1975年
  • フェラーリ 365 GTB 1970
  • デ・トマソ・パンテーラ 1972
  • 1971年 フェラーリ 512 M
  • 1966年製 フェラーリ275GTB
  • アルファロメオ T33 1971
  • フェラーリ 365 GTB
  • フェラーリ 312 P 1969年
  • フェラーリ 512 S 1970

トレイ6

  • フェラーリ 512 BBLM
  • 1981年ランチア・ベータ・モンテカルロ・ターボ
  • フェラーリ 512 BBLM 1980
  • フェラーリ 512 BBLM ベランカウート 1981年製
  • デ・トマソ・パンテーラ 1975
  • フェラーリ 512 BBLM 1979年
  • フェラーリ 512 BBLM 1979年
  • デ・トマソ・パンテーラ 1979

ステージだけでなく、メーカーブースの見学やクラブカーの見学など、歩いて回れるようになっています。全部見るには数キロ歩くことになりますよ、私を信じてください。

ル・マン・クラシックへのアドバイス

2018年のル・マン・クラシックを体験した私から、そのヒントを紹介します。20万人の観客には合わない。

  • チケット パドックへのアクセスが可能であれば、静止している車を間近で観察することができるので、とても良いですね。
  • 駐車場 : 土曜日の朝は少し渋滞しますが、とてもよく整備されており、駐車場は「普通車」「スポーツカー」、国籍も様々な車でいっぱいです。
  • ドレスコード : ル・マン・クラシックでは、その時代のスタイルに合わせた服装が求められます。薄手のシャツ、ポロシャツ、短パン、ジーンズでも大丈夫です。でも、ルマンでは人がたくさん歩くので、歩きやすい靴を持って行ってください。日差しが強いときは、帽子やキャップを思い浮かべるとよいでしょう。
  • 飲む: 2018年はとても暑かったので、ビールは記憶では8€でした。そのため、水を1本以上持っていくことを忘れないようにしましょう。
  • 食事: ドリンクと同様に、ラン(サンドイッチ)やテーブルで食べることも可能です。そのための予算を計画するか、サンドイッチを持参してください。
  • 夜: 近くのキャンプ場、ホテル、民宿、あなた次第です。快適さのレベルや求める体験によって異なります。2018年は、サーキットから数km離れた友人の家で寝泊まりさせてもらいましたが、夜中になると車の音が聞こえてくるんですよ!?
  • ノイズ 耳栓やヘッドホンを忘れずに。ヴィンテージカーは、それが目的で行ったとしても、とてもうるさいです。その分、出だしは印象的です。ただし、騒音に敏感な人は耳を保護することを忘れないでください。

ご興味のある方は、まだチケットを購入することが可能です。会場に来られない方は、このアカウントをフォローしてください。 インスタグラム italpassion または、ル・マン・クラシック2022でのエピソードを紹介します。

2 コメント

返信を残す
  1. アレクサンドルさん、こんにちは
    特に駐車場はまだ空きがあるのでしょうか?今年は行かないと思ってたんだけど、トランスアルパインのラインナップを考えると・・・。

    • Claudioさん、こんにちは。オンラインチケットの確認が必要です。一般席とグランドスタンドは......そう思います。駐車場......わからない。お会いできるのを楽しみにしています😉。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。