マセラティ・グレカーレ、グラントゥーリズモ、グランカブリオ:2023年の電気自動車モデル

ステランティスの製品計画では、今後のマセラティの製品計画について多くを語らなかったが、イタリアンブランドは、ついに次のように伝えてきた。 のBEV(全電気自動車)バージョン。 マセラティ グレカーレとグラントゥーリズモ/グランカブリオが2023年に登場予定.

なぜ、このような良い知らせがあるのでしょうか。にもかかわらず 2021年、マセラティの販売台数は増加へを2020年、2019年と比較した場合。 トライデント・ブランドは、その目標からまだ遠い。.思い起こせば、最盛期の2017年には販売台数が5万台を突破していた。

環境規制の中で、ノンハイブリッド車やマイルドハイブリッド車(MHEV)でも短期的には十分でなくなってきているのです。ですから、他のメーカーと同様、PHEV(プラグインハイブリッド)やBEV(オール電化)に頼らざるを得ないのです。これがステランティスの仕事です。

マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレ:1200ps以上!?

ちなみに、マセラティの電動化プログラムは「フォルゴレ」と呼ばれています。そのため、グラントゥーリズモの電気自動車版はフォルゴーレと呼ばれることになるのです

マセラティ グラントゥーリズモ フォルゴーレは、1,200ps以上、0-100km/h加速2秒強、Vmax300km/h超を実現する。マセラティは、真のスポーツカーとしての性能を発揮するグラントゥーリズモ・フォルゴレを提案します。

いずれにせよ、グレイルとグラントゥーリズモのBEVが発売されるのは2023年で、同じ年に マセラティ、フォーミュラE選手権に参戦.

電動マセラティMC20が延期に?

2020年、マセラティMC20がイタリア初の100 %の電気スーパーカーになると発表されたのです。新型グラントゥーリズモの前にも。

2020年~2024年の製品計画を2020年に発表
2023年~2025年の製品計画を2022年に発表

マセラティ初の電気自動車となるはずだが、新型クアトロポルテや新型SUVレヴァンテとともに、2025年までに電気自動車MC20が登場すると予想されている。

コメント

返信を残す
  1. STELLANTIS計画では、すべての新車は主にPSAの元車である。
    アルファ=1、クライスラー=1、ダッジ=1、フィアット=2、フィアットプロ=3、ジープ=6、マセラティ=2、ラム=1、つまり、元FCA=17台。
    シトロエン=10台、DS=4台、オペル=12台、プジョー=14台、つまり、PSA以外=40台です。

    そこで、EX PSAの特典をちょっとだけ

    • ステランティス社との合併以降、PSAの製品計画はその通りになり、FCAの製品計画は遅れるか修正されることは明らかである。mc20、Tonale、Grecale、新型グラントゥーリズモでそれを見ました。すべてが少なくとも1年延期された(当然だ)。何が発表されるかは、3月1日のお楽しみです。

  2. こんばんは
    マセラティがGRECALEをプラグインハイブリッドとして発売しない理由
    フランスの...)マルスで、購入は不可能になる。

  3. 私は将来のグラントゥーリズモの右と左に見えるボラにはあまり興奮しない、特にグリルは以前のものよりはるかに成功していないように見える、特にフロントライト、私ははるかに革新的であったアルフィエリとの類似性の欠如を後悔し、それが本当に立派だったので、市場投入またはグラントゥーリズモの形でされるべきであった。新型マセラティは、発売される前にすでに時代遅れになっているようで、マセラティの商業戦略の間違いのように思えますが、実際に見てみましょう...。

    • そう、マルキオンネの煙たい製品計画と、まったく製品計画がないことの中間を見つけなければならないのです^^(とにかく私たちは決して幸せではないのです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です