ランボルギーニ ウルス S:ペルフォルマンテに代わる新たな仕上がり

約2ヶ月前。 ランボルギーニ を発表しました。ウルス パフォーマンス範囲内の唯一のSUV(それでも50 %の売り上げを占める)の新バージョン、より軽く、よりパワフル...そして、ペルフォルマンテの外観があまりにも過激だと感じた顧客を満足させるために、ランボルギーニは代替仕上げを提案している。 ウルスS.

間違いなく、ウルスSはウルス・ペルフォルマンテと同等の性能を持っています。エンジンも含め、ほぼ同じ進化を遂げている 666馬力のV8 を搭載し、3.5秒で100km/hまで加速します。

違いのひとつは、ペルフォルマンテが非常に過激な走行モード「RALLY」を備えているのに対して、Sは 新ドライビングモード「EGO 快適性と性能の両立を実現するために。

ウルスSの特徴 具体的な設計の改善 カラー、トリム、ホイール、スタイリング・パックなど、より多くの選択肢を提供し、カスタマイズを可能にします。

SはPerformanteと比較して、より洗練されたラインを持つ新しいデザインのフロントバンパー、カーボンファイバー塗装のボンネット、ビジブルカーボンファイバールーフ(オプション)、よりスマートで流線形の新しいリアバンパーが採用されています。

ウルスSのインテリアには、バイカラー・スポルティーボ、バイカラー・ソフィスティケート、新色のブルー・レアンドロ、ヴェルデ・オーラ、タン、クリーム、ブラウンといったカラーとトリムが用意されています。

ランボルギーニ・ウルスSは、欧州では195,538ユーロ(消費税別)からとなっています。

思い起こせば、ランボルギーニ・ウルスは2018年の発売以来、2万台を超える販売台数を記録している。新しいSとペルフォルマンテのバージョンは、数年後の買い替えを前に、モデルの寿命を延ばしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です