マセラティ:台数削減前の収益性

毎期恒例のステランティスの数字が発表されましたが、その中にイタリアブランドの数字があります。 マセラティ.

それまでの10年間は、むしろ年間7万5千台の販売を目標にしたボリューム競争中心のコミュニケーションだったのに対し、ステランティスは、アルファロメオと同じように、それを隠すことなく表現しているのです。 さいゆうしゅうのうりょく.

こうして、マセラティブランドは、たった一人で 2022年上半期に10,200台が市場に投入される2021年上期は、前年同期比微減(下表参照)、現在の営業利益率は6.6 1TP2Q、現在の営業利益は倍増の62百万ユーロと2桁の黒字に向かっています。

そうそう、ギブリを何万台も売るより、MC20を何千台か売った方がきっと儲かるんですよ。

また、2022年上半期のこの数字には、新しい マセラティ MC20 シエロ 5月に発表された新型の初出荷は グレカレSUV を6月末に、62枚を購入しました。 マセラティプロジェクト24.

したがって、2022年、2023年に台数の記録は期待できないが、おそらくトライデントブランドの収益性の記録は期待できるはずだ。

フランスでの台数の話は置いといて、グレカールSUVは新型とはいえ、2016年のようにレヴァンテ効果を出すには悪意がありすぎませんかね。フランスでのBEVモデルの販売増を待つしかないのですが、お客様が興味を持たれるのでしょうか。

2 コメント

返信を残す
  1. 需要の高いモデルが少なくなればなるほど、価値が高まるのですから、これはエクセレントニュースというものです。
    アバルト、アルファ、ダッジ、ランチア、ジープ、シトロエンで同じことができれば、ステランティスは何も心配することはないのだ。
    数量はフィアット、プジョー、クライスラー、オペル向けです。
    危機的な状況でも、それが有効であることを証明しているブランドは非常に多くあります。
    なぜなら、2023年に計画されているように、ジープ、ランチア、アルファのSUVを作ろうとすると、この種の製品に最適なステータスを持つダバルト、フィアット、プジョー、オペルを踏みにじってしまうことになるからです。
    しかし、新しいファミリーになるパンダ(500ファミリーをいい加減アバルトの下に置いて、この新しいファミリーは、多くの人が歯を折っている南米でTHE LEADERであるフィアットの下のTipoにした方がいいかもしれない)、パンダは不滅の神話なので、プントとは呼ばないで欲しい、名前には投票を取るべき(私の周りで昨夜行った)です。ほぼ全員一致で、パンダを集合意識から消してしまうのは最悪のミスだそうで、祈るばかりです🤞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。