アバルト:2024年まで新型車なし

本日は、ステラントス銀河に属するブランドの電動化を発表するイベント「ステラントスEVデー」であった。このイベントの中で紹介されたブランドの中から アバルト... フィアットのカンファレンスで、ごく短い時間でしたが。

フィアットブランドCEOのオリビエ・フランソワは、次のように語っています。 電気自動車「アバルト100 %」の初号機は2024年に登場 !

500番台になるかどうかは明言されておらず、ならない可能性もある。今年の500E発売から2024年までのタイムラグを考えると(3年!)。 現在の500Eは、スポーツカーとして最適なベースとは言えないでしょう。....そうでなければ、すでに終わっているはずです。2024年に発売されるアバルトは、500をベースにする可能性があり(新しいプラットフォームか、より良いバッテリーを待つのか)、またフィアット100の%電気モデルもあり得ます。

そのため、2024年まで限定版で待つことになる 毎年マルスをしっかり増やしてくれるアバルト595。少し量をこなしていたニッチなブランド(2017年18,499台、2018年20,570台、2019年19,157台)としては残念です。

コメント

返信を残す
  1. 私見では、むしろステランティスグループが力を入れていると思われるリン酸鉄リチウム電池の工業化に時間をかけるためではないか。より安く、より安全で、より耐久性があり、より簡単にリサイクルできる。

  2. チームがビルを売却している間、彼は屋上を歩きます。月曜のコリエーレ・トリノに悲しい記事が...。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です